今日からスタート!! 月曜日は、マンデー・マガジーノ。スタッフが今気になるアイテムを毎週ピックアップしてご案内します!!

 大好きなダンスミュージック。そのなかでも一番のお気に入りがオランダ人DJのHardwell(ハードウェル)。楽曲がエキサイティングなのはもちろん、プロモーションビデオやプレイ中の一連の動きが抜群にクールというのもポイントだったりします。最近ハマっているのが、彼がYouTube上で毎週アップしている"Hardwell On Air"という、様々な楽曲をミックスした動画集。ラジオ番組のような感覚で、しょっちゅう聴いています。

 それをきっかけに閃いたのが、月曜日のブログ紹介のこと。スグルJr.がお休みの日なので、新たに撮影は出来ず、またオンラインショップへの掲載作業もあり、中々時間の取れない日でもあります。ただ月曜日に更新をしないと、次の更新が木曜日まで空いてしまいます(念のため記しておきますが、水曜日は営業しています。)。

 今までご紹介してきたもので、その時の気分を反映したものだったり、切り口を変えて何かをご案内する日にしようか、などと思い付きました。Magazzino On Airなんてコーナーにしたら面白いかも...と一瞬思いましたが、まんまのパクリはいけません。"マンデー・マガジーノ"なんてノリで取り組んでみたいと思います。

 

IMG_6920.JPG

 マンデー・マガジーノ第1回は、【RPL PARFUMS/アールピーエル パフュームス】に焦点を当ててお送りします。昨年末にマガジーノに登場したデンマーク発・フランス製のフレグランスブランド。香水からルームスプレー、ディフューザー、それからチューブというユニークな製品まで、取り扱いがございます。

 身に纏うのは何も洋服だけではなく、香りも身に纏うことが出来る...香りを演出するってとっても粋なのでは、ということで、洋服好きな皆様により洗練された日常を過ごしていただく為、ご提案中。好評をいただいております。装いが軽くなる春夏に向け、再注目して欲しいアイテムでもあります。

 

IMG_6927.JPG

 今日取り上げたいのは、ルームスプレー。香水ではありません。なぜルームスプレーなのか? 最も気軽だから...でしょうか。車や部屋にワンプッシュ。馴染みのない方も少なくないかもわかりませんが、手軽に上質な香りを演出できるアイテムです。個人的にお気に入りの香りと、これからの春夏っぽい香りをピックアップしてみました。

  

IMG_6948.JPG

 まずは、「JACINTHE DE BOIS (ジャサント ドゥ ボワ)」。今、最も気にいっている香りです。担当の方が熱心かつ分かりやすく作って下さったカタログの紹介文を引用しますと、

 「豊かな芝生の絨毯の上に横たわり、スズランを見つけたような香りを表現。ジャスミンの風が吹き抜け、シダーのタッチがさらに香りを運んでくる。フランス西部に生息する森のヒヤシンスをイメージして、あたり一面がその薄紫色に染まっていくような香り」

 と、あります。想像力を搔き立てられる、でも気障すぎて分かりにくくない、素晴らしい説明文です。参考にしましょう。

 ヒヤシンスというと小学生の時に自宅で育てさせられた記憶しかありませんが、仏西部の森では辺り一面に自生している場所も多いのだとか。ヒヤシンスだなと分かる香りをベースに、ややフローラルで、深みのある香りは、まさに大人の香り...でしょうか。誰かを車に乗せる時や、訪問を受ける時は、これをワンプッシュして、好印象を獲得したい...は個人的な意見でした。

MODEL:「101106」"JACINTHE DE BOIS" ジャサント ドゥ ボワ

TOP: マンダリン・ネロリ・リリーオブサヴァレー
HEART:ヒヤシンス・ガルバナム・シクラメン・フリージア・ジャスミン
DRY DOWN:シダー・ムスク

ルームスプレー・100ml
調香師:フィリップ・ブーストン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

    

  

IMG_6939.JPG

 続いて、「FIGUIER DE SORRENTE (フィグ ドゥ ソレント)」。最も春夏、いや夏らしい香りです。カタログには、

 「海からの使いが迎えにきたような爽快な香りに包まれた空間。カシスやメロンのフルーティな香りとガルバナムのグリーンが絶妙なバランスの香り。南イタリアのカプリ島を望むその場所で太陽をたくさん浴びて甘い香りを漂わせるソレントのフィグをイメージした香り。」

 とあります。フィグとは、イチジクのこと。今度は、イチジクです。これまたあまり馴染みがないかもわかりませんが、ヨーロッパでは食後のデザートとしてかなりポピュラーな存在です。フルーティと言っても色々ですが、重みのない・ライトな香り立ちに感じます。爽やか系がお好きな方にお勧めです。

 加えて、イメージは南イタリア。小麦色に焼けた肌に、【Giannetto/ジャンネット】のシャツを着てお出掛け・・そんな車中にもってこいかもしれません。

MODEL:「101104」"FIGUIER SORRENTE" フィグ ドゥ ソレント

TOP: ヴァイオレット・ガルバナム・カシス
HEART:フィグトゥリーリーヴス・メロン・ラバンディン
DRY DOWN:ココナッツ・マテ・アンブロキサン

ルームスプレー・100ml
調香師:ピエール・ブルドン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

  

上質な衣服で身なりを整えたのなら、次は自分の好みの・ちょっと小粋な香りを探しましょう!! RPL PARFUMS/アールピーエル パフュームスのルームスプレー&ディフューザー

 引き続き、【RPL PARFUMS/アールピーエル パフュームス】のご案内です。今日は、ルームスプレーとディフューザーをご紹介します。

IMG_3431.JPG

 昨日ご紹介した香水が、洋服と同じように身に纏うものだとしたら、今日のルームスプレーとディフューザーは、自分の周りの空間を演出するもの。空気や香りは目には見えませんが、より直感的に感性に訴えかける力があります。やはり、匂いも良いのにこしたことはありません。

   

IMG_3444.JPG

 ルームスプレーから見ていきます。昨日の香水(オードパルファム)とは、また違った香り、ネーミングとなります。ある空間の香りを短期間演出するのならば、ルームスプレーが最適です。例えば、玄関先や車などにワンプッシュしておけば、簡単にエレガントな空間を作り出すことが出来るのです。コレ、相当使える!!とビビッとくるのは、私だけでしょうか。

 香りの種類は、5種類。それぞれに注目してみましょう。 

 

IMG_3395.JPG

 リス ブラン。白とオレンジのユリが咲き乱れるゴージャスな庭に佇み、晴々とした香りを十分に堪能するように。別名スパイスアイランドの名で知られるインドネシア・モルッカ諸島のクローブの香りにやさしく触れる。そしてバルサミックとムスクが記憶に永遠に残るかのように淑女の空間を演出することでしょう。

 5種類の中で最も甘い香りは、やや女性的な印象でしょうか。"リス"はユリ、"ブラン"は白を意味します。女性へのプレゼントとしてご活用になられるのも良いでしょう。

MODEL:「101101」"LYS BLANC" リス ブラン

TOP: オレンジフラワー
HEART:ジャスミン・チュベローズ・リリー・クローブ
DRY DOWN:バルサミック・ムスク

ルームスプレー・100ml
調香師:フィリップ・ブーストン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

IMG_3397.JPG

 アンブレ オットマン。説得力があり雄弁な表情を見せる香りは、大切なシーンのスパイスに置いておきたいイメージ。シナモンと花々が溶け合い、オリエンタルなスパイスで感覚が満たされていく空間を作り出すかのよう。ムスクとレザーがふと香るオスマントルコのアンバーをイメージした香り。

 甘めで温かみがあり、尚かつゴージャスな香りは、直感的に気に入る方も多いことでしょう。

MODEL:「101102」"AMBRE OTTOMAN" アンブレ オットマン

TOP: ベルガモット・カルダモン・シナモン
HEART:ローズ・アイリス・パチュリ・ベチバー
DRY DOWN:バニラ・トンカ・ベンゾイン・ムスク・レザー

ルームスプレー・100ml
調香師:フィリップ・ブーストン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

IMG_3401.JPG

 フィグ ドゥ ソレント。海からの使いが迎えに来たような爽快な香りに包まれた空間。カシスやメロンのフルーティな香りとガルバナムのグリーンが絶妙のバランスの香り。ナポリ近郊の風光明媚なリゾート地である"ソレント"。かの地の、太陽をたくさん浴びて甘い香りを漂わせる"フィグ"(イチジクのこと)をイメージした香りです。

 ヨーロッパではデザートとして多用されるイチジク。分かりやすいフルーティな香りや甘さは抑えめで、キリッとした爽快な印象を受けます。

MODEL:「101104」"FIGUIER SORRENTE" フィグ ドゥ ソレント

TOP: ヴァイオレット・ガルバナム・カシス
HEART:フィグトゥリーリーヴス・メロン・ラバンディン
DRY DOWN:ココナッツ・マテ・アンブロキサン

ルームスプレー・100ml
調香師:ピエール・ブルドン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

  

IMG_3404.JPG

 ボワ ドゥ レヴェ。抱き合うことをテーマに作られたこの香り。エキゾチックガーデンのココナッツとサテンのように溶け合うフリージアの滑らかさを感じて。東南アジアのパチュリがやさしく部屋を包み込むような香りです。

 ウッディで、やや男性的な香り。"ボワ"は木材(wood)、"レヴェ"は夢(dream)を指します。ロマンティックなデートの演出にいいかもしれません。

MODEL:「101105」"BOIS DE RÊVE" ボワ ドゥ レヴェ

TOP: フリージア・ローズ・ヴァイオレット
HEART:ココナッツ・アイリス
DRY DOWN:パチュリ・シダー・サンタル

ルームスプレー・100ml
調香師:ピエール・ブルドン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

IMG_3409.JPG

 ジャサント ドゥ ボワ。豊かな芝生の絨毯に横たわり、スズランを見つけたような香りを表現。ジャスミンの風が吹き抜け、シダーのタッチがさらに香りを運んでくる。フランス西部の森林に生息するヒヤシンスをイメージし、あたり一面がその薄紫色に染まっていくような香り。

 やや個性的な香りです。"ジャサント"がヒヤシンスを指すことから、フローラル(花の香り)な香り立ちが特徴でしょうか。

MODEL:「101106」"JACINTHE DE BOIS" ジャサント ドゥ ボワ

TOP: マンダリン・ネロリ・リリーオブサヴァレー
HEART:ヒヤシンス・ガルバナム・シクラメン・フリージア・ジャスミン
DRY DOWN:シダー・ムスク

ルームスプレー・100ml
調香師:フィリップ・ブーストン
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

 

IMG_3430.JPG

 短期間香りの演出をするのがルームスプレー。対して、リビングやオフィス、寝室などでより長期間香りを演出するのがディフューザー。例えば寝室にディフューザーを置くとして。上質な香りが漂う空間を作ることで、香りを楽しむと同時に心身をリラックスさせるアロマコロジー的な効果を見込むことも出来るかと思います。

 

f81968631b5af9e5e79c5de7ce4846d44dd9e418std.jpg

 使用イメージです。ルームスプレーと同じ香りとなるので、セットで買い揃えておかれるのも良策かもしれません。クリスマスも近いですので、ギフトとしても是非ご活用下さいませ。

MODEL:「DIFFUSEUR DE PARFUM」 ディフューザー

TYPE: リス ブラン・アンブレ オットマン・フィグ ドゥ ソレント・ボワ ドゥ レヴェ・ジャサント ドゥ ボワ

100ML
PRICE:¥9,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

 初登場、【RPL PARFUMS/アールピーエル パフュームス】の商品、何か気になるものはございましたか?男性が香水を使うことに対し、若干の抵抗がある方も少なくないやもしれません。世にはたくさんの香りの商品が溢れておりますが、今回出逢ったRPLは上質でナチュラル、そしてエレガントな香りが特徴で、我々の扱っている洋服とも好相性かと思います。香水をすれば即ち小粋という訳ではありませんが、きっと面白い発見が待っているはずです。五感を研ぎ澄ますことで、生活が豊かになると信じて...。

  

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

マガジーノの秘密兵器、もう1個あるんです!! デンマークのフレグランスブランド、RPL PERFUMS/アールピーエル パフュームスをご紹介します。

 匂いにとても敏感...自分ではそう思っているのですが。ふと考えればお店で扱っている洋服は全て、視覚に訴求するもの。いや、触覚への作用もありますね。人間の感覚を端的に表現した"五感"という言葉。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5つですが、小粋に毎日を過ごしたいと思っているならば、やはりそれぞれの感覚は敏感でいたい...は自分の意見です。

 前回、マガジーノの秘密兵器と銘打ち、ご紹介をした【CHAN LUU/チャンルー】。如何でしたでしょうか。実は、マガジーノの秘密兵器、もう一つご用意しているんです。秋冬物の商品紹介が一段落ついた絶好のタイミング。今日は、嗅覚に注目です。

 

IMG_3268.JPG

 "纏う"という言葉があります。身に付けたり、服を着たりすることを表す言葉ですが、身に纏うことのできる物は、洋服以外にも存在します。そうです。香りも身に纏うことが出来ます。上質な衣服に身を包んだら、研ぎ澄まされた香りも一緒に身に付けてみては(洋服と同じであくまでさり気なさを忘れずに)。TPOや気分に応じて衣服を変えると同じ様に、身に付ける香りも使い分けしてみては。とっても小粋かと思います。

 そんな思いもあってか、香水好きなマスヤマとスグルJr.。縁あって、素敵なフレグランスのブランドと出逢うことが出来ました。

  

IMG_3311.JPG

 まずはブランドをご紹介しましょう。【RPL PARFUMS/アールピーエル パフュームス】というデンマークのブランドです。ブランド名は創始者のルーペルト・ピーター・ランデンデインガーの頭文字に因んでいます。世界中を旅し、ファッションやライフスタイル、音楽にも精通するという氏。まさしく五感の研ぎ澄まされた人物と言って相違はなさそうです。

 そんな氏を中心に、有名ブランドの調香を手掛ける業界屈指の調香師たちを迎え、ナチュラルで洗練されたフランスのエレガンスを表現しています。それゆえにフランスでの生産にこだわっています。今回、香水とルームスプレー、ディフューザーの3種類の商品をご用意しております。

  

IMG_3291.JPG

 まずは香水。コレクションにある4種類すべてをセレクトしております。持続性の高い(濃度の濃い)オードパルファムで、コロンやトワレよりも長く身に纏っていられます。

 ヨーロッパの香水にありがちなキツさは感じられず、ブランド紹介で述べたように、ナチュラルな香りが大きな特徴でしょうか。香水って興味あるけど、たくさんあり過ぎてよく分からない...そんな方は香水専門のブランドの物を一つ手に取ってみられると良いかと思います。

 

IMG_3297.JPG

 続いてルームスプレー。こちらは5種類、ネーミングと香りは、香水とは異なったものとなっています。

 これ、かなり使えそうアイテムです。玄関先や車にワンプッシュしておけば、人の訪問やデートの際に、素敵な香りのする空間を演出できちゃいます。ドラッグストアにあるようなケミカル系の物にはない、奥深く・上質な香りが魅力です。

 

RPL_102106_01_WOB ジャサントゥ ドゥ ボワ.jpg

IMG_3303.JPG

 そして、ディフューザー。ルームスプレーと同じネーミング・香りで、5種類。気に入った香りをセットでおさえておくことも可能です。寝室やリビングなどで、より長い時間香りを演出したい場合はこちらが活躍します。

 

 如何でしたでしょうか。フレグランスの取り扱いは初ですので、まずは香りに対する思い、ブランドの概要を中心にご案内させていただきました。木曜日よりそれぞれの商品を詳しくご紹介していきますので、是非ご期待下さい。

 

  

*Magazzino & GLORY GUY STOCK SALE 終了のご案内*

 期間限定で開催しておりましたストックセールですが、本日の19時をもって終了とさせて頂きます。期間中は、たくさんのご来店、オンラインショップでのお引き立てを頂き、誠にありがとうございました。この場を借りて、厚くお礼申し上げます。

  

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

  • 1

MAGAZZINO BLOG

カテゴリー

TWITTER

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る