シンプル&スポーティ!! 今年もinvicta/インヴィクタのアウターは力を入れて展開していきます!!

 冬の布団の中が大好きです。何がいいかと言うと、毛布のぬくぬく感。朝晩の冷え込みも大きくなってきたので、そろそろ毛布を出そうかと考え中のマスヤマです。毛布を出す、ということは、アウターを意識することと同義・・は完全な個人的意見でした...。

  

IMG_0900.JPG

 さて、ご案内です。今年も入ってきました!! と声高に訴えたいのは、【invicta/インヴィクタ】のアウターシリーズ。今日から力を入れて、ご紹介していきたいと思います!!

 

IMG_6463.jpg

 その前に、【invicta/インヴィクタ】について、軽くおさらいしておきましょう。マガジーノでは昨年の2015年秋冬から取り扱いを開始したインヴィクタですが、その歴史は古く、創業は1906年。そう聞くと驚いてしまいますが、元々アパレルのブランドではなく、バッグブランド。どんな鞄を生産してるかと言えば、ナイロン製の学生バッグ。学生バックと言っても、日本のランドセル並みに普及していると言われる国民的バッグであり、そういう背景もあって、欧州では知名度の高いブランドなのです。

 で、です。アパレルのコレクションを開始したのは、実はここ最近。ミラノのとあるアパレルメーカーが絡むことで、2014年秋冬からのスタートです。老舗の鞄メーカーとしての抜群の知名度を活かし、ナイロンやポリエステルを中心としたシンプルで・スポーティなアウターシリーズは、イタリアおよび欧州で非常に好調との話を耳にします。今年の1月のPITTIでも、着用した人間を何人も見た!!とスタッフより報告を受けています。

   

IMG_0791.JPG

 説明ばかりしていてもいけません。まずは目で見てみましょう。ご案内のトップバッターは、ダブルジップで・中綿入りのフーデットベスト。昨年辺りから感じるのは、シンプルなアウターへの関心の高まり。ハイスペックなアウターとは別なカテゴリーで考えれば、面白い存在になりそうです。

 気合いを入れたい日と程よく力を抜きたい日。インヴィクタが活躍する場面は、おそらく後者。車で近場を動き回ったり、ふらりとカフェに出掛ける際など、パッと気軽に着れて、なんとなく洒落て見える...そんな表情が魅力でしょうか。ちょっとお洒落なアウトドア着で...、なんて着方も多いにありかと思いますし。

 

IMG_0769.JPG

IMG_0767.JPG

 ツヤ感のないマットなグレイに、スモークがかったメタリックグリーン、スポーティななかにも確かな品を感じさせてくれそうなネイビー、3色をご用意しました。シンプルな作りですので、着る場面はぜひ自由に想像して下さい。どこかインポートの匂いがする雰囲気も好印象ですね。

  

IMG_0882.JPG

IMG_0892.JPG

 中綿がしっかりと入り、ボリューム感と保温性が確保された秋冬のベストらしい仕上がりです。左胸には小振りなブランドのワッペンが、ジッパーの取っ手にもブランドのアイコンと、さり気ないデザインが見栄えのアクセントとなってくれるはずです。

  

IMG_0887.JPG

 内側も至ってシンプル。内面左側にマジックテープ付きのポケットが1室付属するのみとなっております。

 

IMG_0782.jpg

 先週ご案内に力を入れていたPANICALEのニットをインに着用し、パンツはBERWICH、今季注目カラーのテラコッタを選びました。その他、靴はKEPTを合わせています。 

 また、ネイビーとメタリックグリーンのインには、PANICALEのショールカラー風カーディガンとGiannettoのSLIM FITを合わせています。

モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲91cmでSサイズを着用しております。

MODEL:「4437130/U」ダブルジップ中綿入りフーデットベスト
SIZE: XS ・ S ・ M ・ L
COLOR:マットグレイ(962) ・ ネイビー(460) ・ メタリックグリーン(1068)
MATERIAL:表地・裏地 ポリエステル100%・中綿 ポリエステル100%
PRICE:¥34,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

衣替えのスタートに出遅れてはいけません!! eleventy/イレブンティのらしさが光る、キルティングのテイラードジレをおさえておけば、大丈夫です!!

 昔の都会好きはどこへやら、完全に自然派(田舎派とは違います)に転身した感があります。ドイツを旅行している友人のInstagramの写真が素晴らし過ぎて、異国の写真ばかりインスタで探しているマスヤマです。パッと頭に浮かんだのは、樺太(サハリン)と千島(クリル)列島〜カムチャッカ半島。現在はロシア領のかの地。ロシア風の街並みは非常にエキゾチックですし、でも何よりも期待するのは、あるがままの雄大なスケールの自然。きっと、言葉が出ないほど素晴らしいものばかりなはず。いつかは行ってみたい(ヨーロッパより格段近いですし...)ですが、ひとまずは、写真で心を満たしているのでした。

 余談が長くなりました。本題に入りましょう。今日のお題は、【eleventy /イレブンティ】8月26日にジャケット&スーツを、9月10日にはチェスターコートをご案内済みですが、今回は、ジレを1型ご紹介します。展示会での提案が充実していた、期待大の今季のイレブンティ。さっそく見ていきましょう。

  

IMG_8114.JPG

IMG_8141.JPG

 キルティングが目を引く、テイラード型のジレ。中肉程度の・程良いボリューム感の生地を使い、保温効果の向上および季節感を表現しておりますが、全体の表情はあくまでエレガント。ラグジュアリー&スポーティがウリの、イレブンティらしい仕上がりです。

 

IMG_8186.JPG

IMG_8192.jpg

 お洒落はさり気なさが肝...なんて耳にしますが、キルティングによるカジュアルな味付け具合が絶妙に感じます。また、他のジレと比べると、裾が尖って先鋭的な形をしており、シャープな見栄えに一役買ってくれそうです。

 

IMG_8190.JPG

 アジャスターは、釦形式。背中で2段階の調整が可能です。また、後ろ身頃は綿の生地で切り替えになっています。

 

IMG_8093.jpg

 いつものスタイルにも、良い塩梅で変化が付けられます。ジャケットにCIRCOLO 1901のハウンドトゥース柄JKT、インにはGiannettoのネル地ソリッドシャツ(ネイビー)を、パンツはBERWICH、靴はWally Walkerのスニーカーを合わせています。

 

IMG_8135.jpg

 なかなか秋がやって来ない今日この頃ですが、そんな時は、秋冬的なジレをアウター代わりに使い始める...衣替えのスタートに使えそうな1枚になるのではないでしょうか。

 インにはCIRCOLO 1901のタートルネックカットソー(ブラック)を、パンツはentre amisのグレイデニム、靴はParabootのLULLY、バッグはTIBERIO FERRETTIのZAINETTO、CHAN LUUの3連ブレスレット(未公開)を合わせています。

モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲91cmでサイズSを着用しています。

MODEL:キルティング テイラードジレ
SIZE:XS ・ S ・ M ・ L
COLOR:グレイ(14)・ブラウン(5)
MATERIAL:コットン82% ポリエステル18% 
PRICE:¥34,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

  

新作ご紹介は一休み。秋の気配に、気になるアイテムはベスト。「ベスト特集」をコーディネートでお送りします!!

 昨日の猛烈な雨の後。随所に感じるのは、秋の空気感。天気予報を見てみれば、来週は暫く雨マーク。秋雨前線の活動が活発になるんだとか。秋が本格的にやって来ようとしている...そんな週末になりそうです。あ、秋と言えば、、

IMG_5395.JPG

IMG_5390.JPG

 もう見ていただけたでしょうか。MEN'S EX 10月号の「お洒落道場」。"秋を意識したVゾーンのコーディネート"とお題が付き、7月の初めにグローリーガイで執り行われた撮影会。実は、マガジーノスタッフの2人も、どさくさに紛れ?密かに参加をしております。是非、探してみて下さいね。

 さて、いよいよ季節が動き出しそうな気配。当ブログでは7月29日より随時AW新作のご紹介に邁進してきましたが、今日は、ちょっと一休止。突然ですが、秋から初冬にかけて大活躍するアイテムって何でしょう? ......もうお分かりですか?はい、ベストです!! 秋を感じて、ベストがやたら気になり出したマスヤマ。マガジーノ渾身の「ベスト特集」をお送りしますので、是非お付き合い下さいね。

  

IMG_5615.jpg

 ひと際目立つ存在感は、eleventyのスウェードベスト。ダウンベスト+ミドルゲージのニットなんかは冬の王道かもしれませんが、幾分まだ先の話。インにはLetroyesの変則ボーダー柄のニット。厚みが抑えられたハイゲージのニットは、ベスト以外の組み合わせでも大活躍しそう。それから、秋なら、まだ踝は露出していても大丈夫。entre amisのデニムに、スウェードのチャッカブーツはParabootを合わせました。

 

IMG_5635.jpg

 もう少しボリュームダウンするなら、こんなナイロンベスト(eleventy)如何でしょう。真冬感のない、ライトでコンパクトなベスト。きっと重宝しそうです。いざ真冬になれば、インナー使いも出来ますし...。インには同じくeleventyのプルオーバーニット。実は30%のカシミア混で、例えばシャツの上に着たりすることで、かなり長い期間使えるスグレモノなんです。パンツには注目のパンツファクトリー・BERWICHのコットンパンツ、注目カラーのテラコッタを。靴は同じくParabootです。

 

IMG_5643.jpg

 春夏・秋冬という括りよりも、秋〜(冬)〜春なんて分類をしたくなるカモフラージュ柄のベスト(eleventy)。勿論1枚で勝負できる面構えではあるのですが、ここはCIRCOLO 1901のツイード調ジャケットのインに挿してみました。保温効果はバッチリ、Vゾーンの演出にも一役買うのです。ベストのインにはeleventyのミリタリーシャツ、パンツはCare labelのホワイトデニム、靴はWally Walkerのデニム地スニーカーを合わせています。 

 

IMG_5656.jpg

 ウールを中心とした素材の、よりエレガントな雰囲気のベストもご用意があります。立ち襟のストライプ柄ベスト(eleventy)は、ジャケットのような感覚で色々と組み合わせを楽しむことが出来そうです。こんな柄、他では見た事がない...柄ゆきによるポップな雰囲気と洗いによるこなれた生地感を、巧みにミックスさせたGiannettoのノルディック柄シャツ。インに合わせています。自信を持ってお勧めしたいカラーであるente amisのダークブラウンのパンツに、靴はWally Walkerです。

 

IMG_5727.JPG

 如何でしたでしょうか。実は、全て【eleventy/イレブンティ】のベストでした。取り扱いのあるブランドのなかでは珍しく、トータルルックのイレブンティ。8月26日にジャケット&スーツをご紹介しましたが、店頭では他にニットからシャツ、それからコートと、多様なアイテムを取り揃えております。是非一度、マガジーノまで見にいらして下さいね。

 ☞その他のベストはこちら、ジレはこちらからご覧になれます。

  

IMG_5721.JPG

** マガジーノ情報 **

 今年好評をいただき、全て完売状態となった【M.Cohen/エム コーエン】のブレスレット。2週間前後の期間限定となりますが、エージェントさんのご厚意により、店頭に何型か在庫を用意することが出来ました!!

 今季ご提案していたシルバーフェザーの3連ブレスレットや、マッチをモチーフにしたバングルに加え、他にもバリエーションがございます。気になっていたけど、買いそびれてしまった...なんて方は、是非お早めにマガジーノまでお越し下さい。

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

初登場、invicta/インヴィクタ。イタリアで100年の歴史を持つブランドから素敵なベストが届きました!

 宗教は?と聞かれれば、おそらく、無宗教であると答えます。ただ、各宗教の背景や習慣、態度に対しては、理解や尊敬の念を持っていたいと思っています。大学時代に受講していたキリスト教学の授業。殆ど記憶に残っていませんが、心に残っている言葉があります。イエスが説いたと言われる隣人愛。確か、"あなた自身に対するように、あなたの隣人を愛しなさい"的な事だったと思いますが、単純に素晴らしい思想であると強く思ったことを覚えています。今風に言えば、思いやり?的な考え方でしょうか。非常にシンプルですが、非常に困難なことかもしれません。日常の生活においては、つい忘れてしまいそうなことですが、自然にそう振る舞えると素敵だと思います。

 前置きが長くなりましたが、本日のご案内は、新登場、【invicta/インヴィクタ】のナイロンベスト。是非ご覧下さい。

 

IMG_0013.JPG

 【invicta/インヴィクタ】は、1906年にイタリアのトリノで生まれたバッグブランド。小学生になった際にリュック型のバッグを購入することが多いイタリアにおいて、スクールバッグのブランドとして知名度が高い【invicta/インヴィクタ】。長い歴史を持つ同ブランドですが、2014AWよりミラノのアパレルメーカーによってウェアーの製造が手掛けられ、販売を開始。抜群の知名度を誇ることもあり、イタリア及び欧州での販売は絶好調だそうです。

 そんな、ちょっぴり珍しい背景を持つブランドのナイロンベスト。4色、ご用意をしております。

IMG_0218.jpg IMG_0228.jpg

 日常のちょっとしたお出掛けに、さらっと羽織れるのが一番の魅力でしょうか。肩肘張らない場面で案外重宝するのが、ベスト。これは使い易い!なんて声が挙りそうな雰囲気を感じます。

 写真左のオフホワイトには、インにCIRCOLO 1901のタートルネックを着用し、パンツにはCare labelのslack352を、靴にはKEPTのスニーカーを合わせています。写真右のブラックには、インにGran Sassoのラウンドネック、パンツにはTATRASのジャージーパンツを、靴にはParabootのレザースニーカーを合わせています。

 

IMG_0247.jpg IMG_0257.jpg

 やや格好をつけて合わせました。敢えてブルゾンの上に着てみたり、ジャケットのインナー使いをしてみたりと、着こなしの自由度が高いベスト。あれこれ合わせてみたくなり、想像を刺激してくれる存在かもしれません。

 写真左のインには、HevoのMA-1型ブルゾンを、パンツはPT01のFORWARD、靴はKEPTのスニーカーを合わせています。写真右には、L.B.M. 1911のワッフル織りジャケットを羽織り、インにはJOHN SMEDLEYのクルーネック、パンツにはCare labelのslack 352、靴はCrockett JonesのMORETONを合わせています。

 

 

IMG_0004.JPG

IMG_0010.JPG

 細部を見ていきましょう。フード付き(取り外しは出来ません)で、フード部分・アームホール・裾部分にゴムが取り付けられ、形を整えてくれます。ジップはダブルジップ、ポケットにもジップが付いています。また、それぞれのカラーと別のカラーの裏地があしらわれ、カジュアル感を演出しています。

 

IMG_0020.JPG

IMG_0014.JPG

 内面には簡単な内ポケットが付属し、ちょっとした物の収納に便利です。ブラックのカラーのみ、裏地がカモフラージュとなっております。

 

IMG_0025.JPG

 "Be Outside"、"I want to be ECO"。タグにはこんなメッセージが。気軽で、尚かつ動き易いベスト。これからの時期、出掛けた際の保温効果に役立つのはもちろん、室内で着用することで暖房費用の節約を狙っても良いかもしれません。

 

IMG_0223.JPG

IMG_0249.JPG

IMG_0261.JPG

IMG_0237.JPG

モデルは身長181cm・体重64kg・胸囲91cmでSサイズを着用しております。

MODEL:「4437104」フーデッド ダブルジップ 中綿入りナイロンベスト
SIZE: S ・ M ・ L ・ XL
COLOR:オフホワイト(裏地ネイビー) ・ レッド(裏地ネイビー) ・ ネイビー(裏地オフホワイト) ・ ブラック(裏地カモフラージュ)
MATERIAL:表地・裏地 ナイロン100%・中綿 ポリエステル100%
PRICE:¥21,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

 

  • 1

MAGAZZINO BLOG

カテゴリー

TWITTER

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る