素通り出来ない表情の良さ!! 実力派のコート・アウター専業ブランド、Hevo/イーヴォが送るガーメントダイナイロンのコート&アウター

 寝る前のひそかなな楽しみが、Wikipediaを開いての雑学調べ。今興味を持って調べているのが、民族。○○人というのは、言語や宗教、歴史的背景などを共有する集団であり、血統的に○○人という括りは、民族を分類するのには適していません。日本のような異民族に征服された歴史を持たない国ではイメージしにくいですが、人類は基本的に混血が殆どだからです。昨日読んでいたのが、漢民族。15億弱の人口を抱え、それは全人類の約20%に相当するのだとか。スケールの大きさに興味が湧きます。中原と呼ばれる黄河中下流域にルーツを持つ漢民族。古代の秦や漢王朝の頃の版図は、今の中国よりもずっと小さく、周りは異民族ばかり。歴史の経過とともに、周辺の民族を同化していった漢民族。その吸引力ってすごいなと思ったくらいで、いつの間にか眠りに落ちておりました。

 

IMG_7152.JPG

 本題に関係のない前書きをお許し下さい。春が近付いてきております。グローリーガイでは【HERNO/ヘルノ】の春アウターが絶好調ですが、マガジーノにも春アウターが出揃いつつあります。南イタリアの実力派コート・アウター専業ブランドの【Hevo/イーヴォ】から、心躍る春アウターをご紹介していきます。

  

IMG_7067.jpg

 一昨年からセレクトを重ねている【Hevo/イーヴォ】ですが、実は春物でのセレクトは今季が初めて。エージェントはジャンネットやチルコロを扱う豊田貿易さん。他のブランドを見るのに忙しく危うく見逃すところでしたが、非常に表情の良い、春アウターに出逢うことができました。

 

IMG_7120.JPG

IMG_7129.JPG

 ガーメントダイ(後染め)加工を施した、薄手のナイロン地。目を引くのは、独特のシワ感や色むら。たまらない風合いです。パリッとした質感は、さらっと羽織れて気軽。でもしっかり格好良い、そんな春仕様のトレンチコートです。

  

IMG_7083.JPG

 この手のコートが良いのは、後ろ姿がしっかりと絵になるところ。男性は背中で語る・・くどいですが、理想です。コートの美点ここにあり、です。

  

IMG_7089.JPG

 ウエストのベルトは外してしまってもOK。前で縛ったり、後ろで縛ったりと、ほとんど飾りです。

モデルは身長183cm・体重65kg・胸囲93cmで、サイズ46を着用しています。ニットはPANICALE(後日ご紹介)、パンツはCare label、スニーカーは昨日ご紹介のPantofola d'Oro、バッグはTIBERIO FERRETTIのZAINETTOです。

MODEL:「PUTIGNANO」ガーメントダイナイロン トレンチコート
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:ネイビー(498)
MATERIAL:表地 ナイロン100% 裏地 ナイロン100%
PRICE:¥69,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

IMG_7102.jpg

 続いてご案内するのは、M-43型のフィールドジャケットをモチーフにしたミリタリージャケット。ジャケットのような襟型が、着こなしやすさや他のアイテムとの合わせやすさを連想させます。勢いのあったM-65型と比べ、随分と都会的な印象でしょうか。

 

IMG_7142.JPG

IMG_7145.JPG

 生地はトレンチコートと同じくガーメントダイナイロン。抜群の表情です。フロントは3つ釦。真ん中を1つ掛けして、3つ釦のジャケットのように着用されることをお勧めします。コットンやリネンの着込んだジャケットのような襟元のシワ感。心惹かれます。

 

IMG_7148.JPG

 ウエスト部分の左右と裾部分の左右、計4箇所にドローコードが付属。適度にウエストに絞りを入れてやれば、よりジャケットライクな形になります。

IMG_7151.JPG

 後染めの際、風合いのために特殊なトリートメントを施した関係で、画像のような微小なシミが数カ所残っておりますが、殆ど目立ちません。不良ではありませんので、予めご了承下さい。他にはない、独特な風合い・雰囲気をお楽しみいただくことをお勧め致します。

 

IMG_7111.JPG

 ヘルノでマイサイズがなくなってしまった方は、是非。まだまだ素敵な春アウターが貴方を待っています。

モデルは身長183cm・体重65kg・胸囲93cmで、サイズ46を着用しています。コーディネートで合わせたシャツはGiannetto、パンツはBERWICH(後日ご紹介)、スニーカーは昨日ご紹介のSpring Court、バッグはGENTIL BANDITです。

MODEL:「GINOSA」ガーメントダイナイロン M-43型ミリタリージャケット
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:オフベージュ(431)
MATERIAL:ナイロン100%
PRICE:¥69,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

  

冬本番に備え、お役立て下さい!! マガジーノの「コートカタログ」

 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。マガジーノのマスヤマです。オーナーのスグルより新年の挨拶を申し上げておりましたが、今日からまた更新をしてまいります。本年もどうぞ変わらぬお付き合いを頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。 

 正月の三が日は暖かい日が続きましたが、その後は厳しい冷え込みがやって来ています。言うまでもありませんが、冬本番はこれから。新年一発目の頭の中は、"これからの寒さ"のことでいっぱいなマスヤマです。 

IMG_5132.JPG

 寒さを気にすれば、自ずとこのアイテムに辿り着きます。今日は、コート特集です。オトコは黙って背中で語る...若輩者の私が言うのは気が引けますが、コートにしか出せない男性美があると信じて疑いません。いつもとはちょっぴり趣向を変え、マガジーノのコートコレクションをカタログ風にお見せしていきます。

  

IMG_5099.JPG

【Hevo/イーヴォ】ダッフルコート調 ウールナイロン ロングコート
 コートとくれば、コート専業ブランドの【Hevo/イーヴォ】を先ずご紹介しなければいけません。ダッフルコートが持つソフトな雰囲気をベースにしつつも、モダンなデザインが随所に光ります。例えば、前立て。トグルでなく、釦の見えない比翼仕立てを採用。どこか親しみやすい表情ながら、全体的にシャープな雰囲気が漂うコートでもあります。キャメルの色目も素敵ですね。

☞コーディネートの記事はこちらへどうぞ 

     

IMG_5104.JPG

 色違いのチャコール。取り外し可能なフード、外してみました。襟元がすっきりし、より一層シャープな表情を覗かせます。イタリアのファブリックを厳選し、縫製もイタリア。Made In Italyに拘ったコート専業ブランドの【Hevo/イーヴォ】。他コートブランドに比べ、若干ですが価格がこなれた点も魅力の一つでしょうか。是非手に取っていただきたい、魅力あるブランドです。

☞コーディネートの記事はこちらへどうぞ

   

IMG_5107.JPG

【Hevo/イーヴォ】トレンチコート調 ウールナイロンブラックロングコート
 一方こちらは、トレンチコートをベースとしたウールコート。エポレットなどのパーツを廃し、良い意味でミリタリー感を消しています。落ち着きを感じさせるソフトメルトンの生地感も相まって、モダンな雰囲気が漂います。ダブルのチェスターコートのように、さらりと羽織って下さい。ベルトを活用してウエストに絞りを作ったり、絞らずにオーバーコートのように着用するのもアリ。ちょっぴり顔を出すモード感も、魅力でしょうか。

 ☞コーディネートの記事はこちらへどうぞ

  

IMG_5115.jpg

【eleventy/イレブンティ】ブークレ調ウールジャージー シングルチェスターコート
 モダンな発色が目を引く、ブラウンのチェスターコート。ブークレ調のさり気ない起毛感と凹凸感が、見栄えに変化をもたらします。ウールジャージーの生地は、ジャケットの上に羽織ったり・車を運転する際にも、ほとんどストレスを感じさせません。ジャケットファクトリーのクラシックな雰囲気より、幾分かカジュアルでスポーティな表情。らしさの詰まった1着です。

 ☞コーディネートの記事はこちらへどうぞ

 

IMG_5116.JPG

【CIRCOLO 1901/チルコロ】 ウールジャージー ブークレ調キャメルPコート
 いつも男性から高い支持を集めるコートと言えば...。やはりPコートでしょうか。ジャージーの名手【CIRCOLO 1901/チルコロ】のPコートです。ウールジャージーの生地を採用し、チルコロ的着やすさは勿論のこと、キャメルとブラウンの糸で織り成された生地は、抜群の表情。1枚羽織るだけで、十分にこなれて見える・・コートを制すものは、冬の着こなしを制す...決して過言ではないはずです。

 ☞コーディネートの記事はこちらへどうぞ

  

 「マガジーノのコートカタログ」、如何でしたでしょうか。ちなみにですが、冒頭の写真はBOGLIOLIのコートを羽織っています。冬本番を控え、本音はセールから除外したいところですが、お買い求めやすい価格でご案内中でもあります。是非、ご検討下さい。

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

今季も来季もコートに首ったけ!? Hevo/イーヴォのコートなら、羽織るだけでクラシックかつモダンな雰囲気を手に入れられます!!

 どちらかと言うと、シャツやパンツなど肌に近いアイテムの方が好きでした。地肌に触れる部分が多い方が着心地の良さが分かりやすいですし、値段もある程度で何個も揃えることが出来るから...でしょうか。が、今年。やたらと気になるのは、コート。コートを羽織ることでしか演出できない雰囲気があるはずです。季節感に溢れ、男性的でシュッとした立ち姿に、後ろ姿。特別何もしなくても、自然に立っているだけで格好良い・・今の自分の洋服脳、コートで埋め尽くされております。

 

20161206_130321.jpg

 続・展示会の一コマです。【Giannetto/ジャンネット】【CIRCOLO 1901/チルコロ】のエージェントである豊田貿易さん。そんな気分だからでしょうか、気が付いたらコートを熱心に物色していたスタッフ。キャメル系ハウンドトゥース柄のポロコートに、同柄ブルーのダッフルコート。クラシックかつモダンな雰囲気が素敵でした。

 

IMG_3886.jpg

 ということで、今日のお題はコートです。今季自信を持ってご提案するのが、【Hevo/イーヴォ】のコート。ダッフルコートを都会的にモデファイし直したような、個性のある1着。他のブランドにはない表情が魅力的です。

 

 

IMG_3762.JPG

IMG_3773.JPG

 少々詳しく見てみましょう。野暮ったさとは無縁の、ソフトな風合いのライトメルトン地。釦の見えない比翼仕立てに加え、ステッチが表面に出ないような縫製処理。これらが相まって、シャープな佇まいに繋がっています。クラシックをベースとしつつ、どこか都会的でモダン、ちょっぴりモード。そんな雰囲気が、イーヴォの真骨頂です。

 

IMG_3904.JPG

 コーディネート写真では、ニットはZANONE、マフラーはALTEA、パンツはSIVIGLIA、靴はParaboot鞄はGENTIL BANDITを合わせています。また、右手のブレスレットはCHAN LUU、シャツは私物です。

 モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲92cmでサイズ46を着用しています。

MODEL:ダッフルコート調 ウールナイロン ロングコート
SIZE:42 ・44 ・46 ・48
COLOR:キャメル(363) ・ チャコール(509)
MATERIAL:表地 毛80% ナイロン20% 裏地 身頃部分 綿100%・袖部分 レーヨン100% 
PRICE:¥83,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  

IMG_3923.jpg

 こちらは、トレンチコートにモダンなデザインを加えた1着。後ろ身頃はラグランスリーブで、今季長めの丈のコートをお探しの方に、是非とも羽織って欲しい1着でもあります。男性らしい・エレガントな冬の立ち姿に、やはりコートは不可欠です。

 合わせは全て私物です。モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲92cmでサイズ46を着用しています。

MODEL:トレンチコート調 ウールナイロンブラックロングコート
SIZE:42 ・44 ・46 ・48
COLOR:ブラック
MATERIAL:表地 毛80% ナイロン20% 裏地 レーヨン100% 
PRICE:¥83,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

   

今年は寒〜い冬がやって来る!? 冬のオトコのエレガントな出で立ちに、コートは不可欠です!!

 今朝、目覚めてリビングに顔を出すと、偶然にも天気予報がTVで流れていました。コーヒーを飲みながらぼーっとした状態で聞いていると、興味深いことを言っています。なんでも昨年は記録的な暖冬で、全国の至る所の観測所で観測史上最も高い平均気温を記録した程だったのだとか(名古屋もその中に名前がありました)。対して今年は?どうやら平年並み〜やや寒い冬となるとの長期予報でした。昨年暖かかった分、平年並みでもずいぶんと寒く感じそう...は、キャスターの方のコメント。自分も同じ感想でした。

 

IMG_2053.JPG

 ならば、コート・アウターへの関心が高まるのも時間の問題です。一昨日に【Hevo/イーヴォ】、昨日に【CIRCOLO 1901/チルコロ】のコートをご紹介しており、折角のタイミング。本日は、【eleventy/イレブンティ】のコートをコーディネートでご案内したいと思います。この3ブランド、是非併せてご参照下されば幸いです。

 

IMG_1956.jpg

 自信を持ってお勧めしたいのが、ウールジャージーのシングルチェスターコート。こなれた表情を作り出すブークレ調のブラウンの生地は、良い意味でジャージー感が皆無。ですが袖を通せば、肩肘張らずの楽チン素材。昨日ご紹介のチルコロのPコートがカジュアル感を打ち出したジャージーだとすれば、イレブンティのそれはドレス・カジュアルどちらにも対応可能な雰囲気。そんなわけで、オンのスーツの上に着用するのも大いにアリかと。コンフォートかつ守備範囲の広い1着に相違はなさそうです。

 コートのインにはeleventyのジレとGiannettoのシャンブレーシャツを、パンツはentre amisのジャカードパンツ、靴はParabootのPOE、ALTEAのヘリンボーン柄マフラーを合わせています。

 

IMG_1995.JPG

 是非ジャケットブランドのチェスターコートと着比べてみて下さい。

 モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲91cmでサイズ46を着用しております。

MODEL:ブークレ調ウールジャージー シングルチェスターコート
SIZE:42 ・ 44 ・ 46 ・ 48
COLOR:ブラウン
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥95,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

IMG_2018.jpg

 いつも一、二の人気を争うコートと言えば、Pコートでしょうか。チェスターコートやステンカラーコートに比べて短い丈感は、ジャケット代わりに着用することができ、よりスポーティな印象です。それゆえ、巷でもよく見掛けるPコート。とくれば、素材で差を付けるのが最善かもしれません。起毛感があり、ざっくりとした編地のこちらのコート。無地ながら抜群の表情を覗かせます。さり気ない変化付けこそ、洒脱感の秘密...なんて言うと少々大袈裟ですが...。良い塩梅かと思います。

 コートのインにはPANICALEのボーダー柄クルーネックニットを、パンツはCare labelのslack 352、靴はdiadora HERITAGEのスニーカー、鞄はGENTIL BANDITのトートバッグを合わせています。

  

IMG_2030.JPG

IMG_2042.JPG

 ネイビーとブラウンの2色展開です。きっと、周りから褒められることが格段に増えることでしょう。

 モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲91cmでサイズ46を着用しております。

MODEL:ミドル丈ニットPコート
SIZE:44 ・ 46 ・ 48
COLOR:ブラウン ・ ネイビー
MATERIAL:表地:ウール88% ナイロン12% 
PRICE:¥98,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

At Last!! CIRCOLO 1901/チルコロからコートが遂に登場です!! ウールジャージーのPコートをご紹介

 欲しいモノが増えて困っています。洋服でアレコレはいつも事ですが、急浮上してきたのがカメラ。動機は単純、Instagramに投稿する写真でもっと良い写真を撮りたいから...実にしょうもない?理由です。そこで色々と下調べをしてみました。専門的なことは分かりませんが、案外簡単に絞り込みが出来そうです。選択軸は、一眼レフか、それともミラーレス一眼か。もし一眼レフならば、メーカーはCanonかNikonか。それとどんな機能を重視するのか。ミーハーな初心者ですので、Wi-Fiで携帯電話に画像を転送する機能と、タッチパネルの液晶画面は絶対欲しい...大体、目星は定まりました。あとは、カメラ貯金をするのみ・・です。

 

IMG_1798.JPG

 ご案内に入りましょう。今日のお題は、【CIRCOLO 1901/チルコロ】。伊・バーリのテキスタイルカンパニーであるS.G.L.社が展開する、ジャージー素材を多用したブランド、もう説明は不要でしょうか。ジャケットもパンツも、そのほとんどがジャージー素材。ジャージーと言っても、チルコロのそれは抜群に伸縮性のある生地で、別格の柔らかさ。初めて着用した際に驚かれる方がほとんどで、楽チン系統のブランドでは一気にトップに上り詰めた印象さえあります。

 チルコロというブランドでキーワードとなるのが、写真のタグにもあるように、"easy classic/イージー クラシック"。ジャージーだからと言って、若々し過ぎたり・くだけ過ぎたりせず、あくまで、大人が着られるクラシック風なコンセプト...のコレクション。当ブログで最も登場回数の多い、チルコロ。今日が今季最終のご案内となります。

 

IMG_1736.jpg

 チルコロのコレクションにおいて、ずっとあったらいいなと思っていたのがコート。今季、良い塩梅のPコートと出逢うことが出来ました。待ちに待った入荷ですが、結果的に丁度良い頃合いでのご紹介となりました。

 コートのインにはCIRCOLO 1901のニット、Giannettoのシャツを。パンツはCIRCOLO 1901、靴はdiadora HERITAGE(グローリーガイ)、鞄はTIBERIO FERRETTIを合わせています。

  

IMG_1774.JPG

IMG_1782.JPG

 キャメルとブラウンの糸を使い、メランジのように色むらが付いた生地。パッと見、どちらかと言えばブラウンかな?という色目ですが、メーカーは"CAMMELLO(伊語でキャメル)"と呼称していますので、キャメルとします。どちらにしろ、こなれた色味であることは変わりません。

 また、ブークレ調に織り込まれた生地は、前述の色むらと相まって、無地ながらしっかりと表情が付き、なんとも洒脱な雰囲気に。これは人気が出そう...は独り言でした。

 

IMG_1791.JPG

 素材はウール100%ですが、ご安心下さい。ウールジャージーの生地で、やはりチルコロの着やすさは健在ですので。ヴィンテージ感漂うゴールドのメタル釦が、全体の雰囲気を整えているかのようです。

 

IMG_1890.JPG

 ブルー系のデニムにさり気なく合わせても素敵かと。変にオジサンくさく見えてしまうこともあるキャメル・ブラウンですが、良い塩梅の1着なら、妙にこなれて見えるカラーでもあります。チルコロのこの表情なら、その心配は要りませんね。

 インのニットはPANICALE、デニムはCare labelを合わせています。

  

IMG_1771.JPG

モデルは身長183cm・体重64kg・胸囲91cmでサイズ46を着用しています。

MODEL:「5CU127028」 ウールジャージー ブークレ調キャメルPコート
SIZE:42 ・44 ・46 ・48
COLOR:キャメル(363)
MATERIAL:表地 毛100% 裏地 身頃部分 綿98% ポリウレタン2%・袖部分 レーヨン100% 
PRICE:¥92,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

 

MAGAZZINO BLOG

カテゴリー

TWITTER

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る