クラシックとモダンがクロスオーバーするFumagalli/フマガッリのヴィンテージ風ストール!!

 本日は、タカイがご案内する【Fumagalli/フマガッリ】のストールです。

 「大雑把なことは得意でも、細やかなことは苦手~ついつい面倒なことは、タカイちゃんお任せ!!」(スグル談)と言う事で、直接言われた訳ではありませんが、いつの間にか巻物blogの担当になっていた今季。その全てをご案内してきた担当者(仮)だから、と言うのは大袈裟ですが、他とは違う【Fumagalli/フマガッリ】らしさを肌で感じることができました。

  IMG_0335.jpg

 タグに"30'S ARCHIVE"とあるように、ヴィンテージ感溢れる生地は、1930年当時から【Fumagalli/フマガッリ】がストックする希少なアーカイブコレクションです。このヴィンテージやレトロな雰囲気こそ【Fumagalli/フマガッリ】らしさなのです。

 再び、レトロな雰囲気やクラシックなアイテム選びが脚光を浴びている昨今。モダンなスタイリングに、現代に蘇った【Fumagalli/フマガッリ】のストールを巻けば、クラシックとモダンがクロスオーバーします。

fullsizeoutput_315d.jpeg

 まずご案内するのは、【Fumagalli/フマガッリ】のトレードマークでもある花柄モチーフを配したこちら。カラーは、燻んだマスタードのようなライトブラウンです。

 ザクっと編んだ生地は、色ムラがあるように見せた独特な風合いが特徴です。軽くてシャリ感のある生地は、巻いても膨らんでしまうことはなく、しっとりと首に馴染んでいきます。

 編みの関係で、表と裏に色の差が出ているのも都合よく、ランダムに巻いて表情の変化を楽しめます。

  image.jpg

  DSC00006.jpg

MODEL:花柄ストール
SIZE:43×185cm(フリンジ除く)
COLOR:ライトブラウン
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

fullsizeoutput_3164.jpeg

 続いては、ブラウンベースの小花柄。深みのあるダークブラウンをベースに、レッドやブルー、グリーンなどの小花を散りばめています。

 シンプルなコーディネートに、ちょっとしたアクセントを加えることで、暗くなりがちな冬の装いに、決して嫌味にならないアイキャッチを作り出します。

  fullsizeoutput_315f.jpeg

  fullsizeoutput_3149.jpeg

MODEL:小花柄ストール
SIZE:42×188cm(フリンジ除く)
COLOR:ダークブラウン
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

fullsizeoutput_3163.jpeg

fullsizeoutput_3162.jpeg

 そして、2色でご用意したのは、大小さまざまなデザインの花柄を散りばめた小柄ストール。白っぽく写っていますが、実際には、下の置き撮り画像のように生成りかかったオフベージュと、エンジよりもレンガ色に近いテラコッタです。

 ただし、柄は同じでも、大きさが違うこちら。

 オフベージュは67×185㎝で、テラコッタは43×185㎝。長さは同じですが、幅が大きく異なります。画像では同じ巻き方をしていますが、オフベージュの方がややボリューミーですね。

  IMG_0319.jpg

  IMG_0257.jpg

 共に、ブルーやネイビーが効いた柄。コーディネートにブルーやネイビー系を多用する方にとって、合わせやすいデザインとなるはずです。

  DSC00070 2.jpg

  fullsizeoutput_3168.jpeg

MODEL:小柄ストール
SIZE:オフベージュ...67×185㎝・テラコッタ...43×185㎝(共にフリンジ除く)
COLOR:オフベージュ・テラコッタ
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 カシェートスタジオにて収録した「SUGURU STORY」。最新作第7弾は、ゲスト?にナグラさんを迎えての収録。本日、公開です。ぜひ、ご覧ください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

これからの季節、更に甘さを加えたいタートルネック=ドルチェヴィータ=甘い生活です!!

 晩秋の風のない穏やかな日です。いつのまにか日曜日の恒例行事?となった駐車場の誘導係。時々、お客様に見つかり、「大変だね」なんて労わっていただいております。少しでも多くの方が気持ちよく買い物を楽しんでいただけるなら、なんのそのです。駐車場でお会いしたら、遠慮なく声を掛けて下さいね。

 本日のテーマは、「もっと甘さが欲しい!!」です。タートルネック=ドルチェヴィータ=甘い生活。季節が進み、ハイゲージ中心の人気モデルに甘さが必要となります。

021.JPG

 トレンド感のある【Rencontrant/レンコントラント】の「カシミア・セーブル タートルネックセーター」。優しい風合いと温もりを感じる肌触り、そして軽い着心地が体感できる、女性好み?のニットです。サイズSを着てみましたが、着丈を含め、ややコンパクト。甘さを引き出すなら、ブログでご案内した時のように、サイズMを選んだ方が良さそうです。

114.JPG

096.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズMをゆったりと着ております。

MODEL:カシミア・セーブル タートルネックセーター
SIZE:XS・ S ・ M ・ L
COLOR:オイスターベージュ ・ グレイメランジ
MATERIAL:カシミア80%・セーブル20%
PRICE:¥48,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


003.JPG

 久しぶりに私スグルがセレクトした【eleventy/イレヴンティ】。同時にブログでご案内させていただいた同素材のジャケット型カーディガンは、ほぼ完売状態ですが、タートルネックは今ならサイズのご用意が整っております。

098.JPG

 写真はジャケット型になりますが、編地は同じ。天竺編みの裏目を表側に使うことで、素朴な雰囲気を表現しています。先にご案内のRencontrant(レンコントラント)がより正方形なデザインに対して、こちらは長方形型。オトコらしいフォルムをもつeleventy(イレヴンティ)らしいコクのある甘さです。

060.JPG

023.JPG

 モデルは身長175cm、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:カラーネップ入りタートルネックセーター
SIZE:XS ・ S ・ M
COLOR:オフベージュ・ ダークグレイ
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥38,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


032.JPG

 クラシコニットを代表する【Drumohr/ドルモア】からは、エクストラファインメリノウールを使用した 地柄編みタートルネックセーター。世界最古の英国ニットとして名高いブランドですが、現在はイタリア生産に移行しています。コレクションの内容もハイゲージからミドルゲージ、さらにはローゲージまで。また伝統的な定番デザインからモダンなものまで、甘さ加減自由自在の実力派ニットファクトリーです。

 今回、サイズを48を選んでみました。ご案内のブログではサイズ46を着ておりますので、比較してみてください。インナーに着たTシャツのポケット、無視してください。

550.JPG

487.JPG

523.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:エクストラファインメリノウール 地柄編みタートルネックセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:オフホワイト ・ ブラウン(海老茶)・ダークグレイ
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥30,000(本体価格) +税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


026.JPG

 実力派といえば、【ZANONE/ザノーネ】。ハイネック(モックネック)ですので、ドルチェヴィータと言えるかどうか...ですが、ご紹介の中では最も甘い香りが漂ってきます。香りの元は、やはり素材と編地。カシミアの柔らかさと編地の切り替えが大人の色気を醸しだします。こちらもサイズ48を着用してみました。

154.JPG

053.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ46をややタイトに着用しております。

MODEL:カシミア混切り替えケーブル モックネックセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ライトグレー ・ ロイヤルブルー
MATERIAL:ウール70%・カシミア30%
PRICE:¥65,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

136.JPG

118.JPG

104.JPG

037.JPG

 言わずもがなでしょうか。私でさえ3着持っている【ZANONE/ザノーネ】のミドルゲージのタートルネック。You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」にも、確か第4弾でしたでしょうか。このニットの良さは、十分にご説明しておりますので、ぜひご覧になってください。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ46をややタイトに着用しております。

MODEL:ミドルゲージタートルネックセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:シルバーグレー ・ ベージュ ・ ネイビー ・ ブラック
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥37,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


 もっと甘さが欲しい!! と欲張りな方なら、このブランドをお勧めします。

107.JPG

128.JPG

 触った瞬間、とろけるような肌触り。極上の着心地を味わうことのできるのは、【Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミア】のカシミア100%のドルチェヴィータ(10月31日のブログで公開)。恋人との遅い時間、寒がる彼女に着させてあげてください。貴方を見つめる彼女の眼差しが更に...なんて妄想はいけません。この甘さは、ぜひ独り占めしてください。日常の生活の一部として使い込んでも、型崩れしないのは、信頼関係ではなく、今では希少とされているスイス製のヴィンテージ編立て機で、熟練の職人さんたちが手間をかけて編み上げているからなんです。決して量産できない、中身の濃い着心地をいつまでも感じ続けていくのなら、多少の出費は仕方がない...いや、3年後、5年後、いや10年経ったとき、自分の人生と共に歩んできたニットに必ずや大きな愛情を注ぐことになるでしょう。そんなカシミアのニット。少し力みすぎたようです。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ48をややゆったりと着用しております。

MODEL:カシミア100% メランジ タートルネックセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ライトブルー×ライトグレイ ・ ネイビー×ブラック
MATERIAL:カシミア100%
PRICE:¥80,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


31727.jpg

 カシェートスタジオにて収録した「SUGURU STORY」。最新作第7弾は、ゲスト?にナグラさんを迎えての収録。本日、公開です。ぜひ、ご覧ください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。



冬を楽しむアイテムは盛り沢山!! 本日は、CINQUANTA/チンクワンタとTAGLIATORE/タリアトーレのレザーに注目してみました!!

 ブログが、一日、空いてしまいました。一昨日は静かだったのに、昨日は、座ることもできないほどの忙しさ。まるで今週の天気のように極端でした。そして今日は...駐車場の混み具合がやや落ち着いてきて、朝から良い感じでご来店いただいております。気温が下がったことも、忙しさと大いに関係があるのでしょう。これからが冬本番。皆様のお役に立てるように、更に気持ちを入れていきますので、どうぞお付き合いください。

005.JPG

 ジャケットを脱ぎ、羽織ったのは、2年前から撮影の度に、やりたい、やりたい!!と煩いぐらいにジュニアに口説かれたフランスのダウンブラン【PYRENEX/ピレネックス】。昨年から展開です。モデルは、ミドル丈の「BELFORT/ベルフォール」(近日中にSUGURU SHOPに掲載されます) 同行した展示会で、引き寄せられたフレンチブルー。ついつい個人オーダーしてしまいました。

20190204_112009.jpg

 展示会場です。恵比寿や神宮前、南青山などにショールームを構えるエージェントさんが多い中、世田谷区にある奥沢という閑静な住宅地の中にあります。余談ですが、大学卒業後、就職先の寮があったのは、川崎市中原区の武蔵小杉。当時、下町風情のあった街も、今ではタワーマンションや商業施設が立ち並び、昔の面影は全く無いと聞きます。ただ、ここは、そんな喧騒とは縁のない、静かな、のんびりとした街です。もう一つ、加えさせていただくなら、以前、この展示会場に並んでいたブランドは、CANADA GOOSE(カナダ グース)。義理人情のない契約社会の波に翻弄された育ての親。でも、現在は、そのノウハウを生かして【PYRENEX/ピレネックス】を私達に提案してくれています。

 本日のご提案は、スグルセレクトのレザーです。

132.JPG 

 昨年の秋、EMMETI(エンメティ)を蔵庫/マガジーノに譲る事で復活を遂げたのは、【CINQUANTA/チンクアンタ】。合わせたのは、オックスフォード地の白シャツ(Finamore)海老茶のタートルネック(Drumohr)、パンツはウォッシュドブラックデニム(JACOB COHEN)です。

081.JPG

 1973年、ステファノ・フリニャーテがフィレンツェ郊外のエンポリで創業。1950年生まれの創立者に因んで、イタリア語の「50」を意味する【CINQUANTA/チンクアンタ】がブランド名に。PRやショーは一切行わず、価格以上のクオリティーの高さを追求。この姿勢は、現在でも続いています。

042.JPG

 秋冬のバイイングで、この明るいピンクサンドの「ドライビング」を選んだのは、大きな意味は無く、気分とでも言うのでしょうか。ダーク系の多いレザーの中、カラーサンプルの中で目にとまったのが、この色でした。レザーの持つ着用シーズンの長さを考えれば、春にはピッタリの色。また、秋冬にはふさわしくないかといえば、全くそんなことはありません。インナーやボトムを季節に応じて選べば、周りからの羨望の眼差しを感じながら、秋から春まで楽しむことができます。

051.JPG

 この春、レザーブランドとしてデビューした?【TAGLIATORE/タリアトーレ】。いや、レザーブランドではありません。しかし、クォリティの高さは、確かなもの。依頼を受け、作っているファクトリーを知れば、さらに納得です。加えて、魅力なのが価格。業界の中では、やや問題ありでしたが、良い物が少しでもお値打ちに提案できることは、悪いことではありません。

083.JPG

093.JPG

 セレクトカラーは、ブラウンとネイビー。表革はシープスキン、袖裏キュプラ、裏地は中綿入りのキルティング仕様になります。中綿入りのもたつきは無く、羊革のしなやかで丸みのある表情はそのままに、保温性も十分なレザーブルゾンです...は、ご紹介した際の褒め言葉です。

040.JPG

073.JPG

 季節が早ければ、シャツやハイゲージのニットで。今なら、ハイゲージからミドルゲージのニットに切替えて。参考までに、本日、合わせたニットは24ゲージのタートルネック(JOHN SMEDLEY)ネッカチーフ(Kinloch)、パンツはウールのグレンチェック(Borelio)を穿いています。

 これだけでは寒い!!と言われる方には、TAGLIATORE(タリアトーレ)の

IMG_6971.jpg

 ヘリンボーン柄バルカラーコートか、或いは

013.JPG

 チェック柄シングルベルテッドコートあたりを羽織ってください。もしバンカラに魅せたいなら、norlha(ノラ)JOHNSTONS(ジョンストンズ)の大判ストールを巻いてみてはいかがでしょう。冬を楽しむアイテムは盛り沢山。皆様、風邪を引かないように身体を温めてくださいね。

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

前のめりではなく、前向きに揃えていただきたい スグルセレクトのMooRER/ムーレーです!!

 少し前までクリスマスソングに違和感を感じていたのに、気温がぐっと下がった今週、耳に心地良く聞こえてくるから不思議です。月曜日から出かけた東京。この日は気温が22度もあり、コートを脱いでも汗ばむ日となりました。ただ、翌日は一転、10度ほどしか気温が上がらず、翌々日には冷たい雨の降る中、2020年秋冬のプレコレクションを見てきました。以前のような前のめりでのご購入が減り、季節に合わせてお買物をされる方が増えたことで、この時期の仕入れは、バイヤーにとっては難しい。それでも納期などの条件を考えれば、動かざる得ないプレの展示会です。それにエージェントさんとの情報交換や他のショップの方にも会える貴重な機会ですので、前のめりではなく前向きに出かけていきます。

20191126_194220.jpg

20191126_195437.jpg

20191126_200948.jpg

 7年近く定宿にしていた芝公園隣のパークタワーホテル。宿泊料の値上げで今年から銀座にあるホテルに替えました。銀座線、日比谷線、丸の内線が入り、アクセスもよく、雨に濡れずにホテルのフロントに辿り着けるのもメリットです。ただ都会のど真ん中、銀座。田舎モノとして困るのが夕食。以前なら、ホテル内にある馴染みの店に行けば、我が家のように温かく出迎えてくれましたが、銀座辺りでは、新参者。多くの人々で賑わう夜の街をさ迷い歩いても一人で入る勇気の店はなかなか見つかりません。かといってコンビにで弁当を買うのは避けたい...。表参道から銀座線に乗り、ホテルのある出口に向かう途中、横道にそれたおかげで吸い込まれるように入ったのが、「銀座ライオン」。1911年の創業というから明治です。ビール片手に乾杯している人たちの間を縫って案内された奥の二人掛け席。案外、一人で食事をされている方も多く、客層のよさに一安心です。煩いながらも、居心地の良い空間でした。

 久しぶりなので、前置きが長くなりました。本日のご案内は、いや、殆ど商品は紹介済みですので、本日のご提案とさせていただきますが、まずは本日の出で立ちです。寒さで、やや顔が強張っておりますが、これはレディース店Cachetteのモデル、マヤさんも一緒。気のせいかもしれませんが...

170.JPG

 朝、ジャケットを羽織って出たのですが、バッグの他に持ったのが、このダウンベスト。どこのかと言えば、昨日、展示会でも見てきた【MooRER/ムーレー】の「OLIVER」。4年目の冬を迎えようとしております。きめの細やかな素材感と膨らみすぎないボリュームが魅力の便利なアイテムです。さらに気温が下がった夕方の珈琲タイムには、この上にジャケットを羽織って出かけていきました。

189.JPG

217.JPG

 定番としている「OLIVER-OP」の他に、今回、セレクトしたのが、「BLAKE-S3」のライトダウンフーデットベスト。本来なら、春のコレクションにも登場するモデルですが、暖冬の傾向を見据えて、秋からのご提案です。もっと前の季節から使えるライトウェイトなダウンベストですが、今からが実力発揮でしょう。

115.JPG

 今、気になるのが、FEDELI(フェデーリ)の「ラグランスリーブ ラウンドネックセーター」。カシミア100%のホッコリニットです。スウエットシャツ感覚の着楽さも魅力。昔を知っている方なら、十分納得できる価格でしょう。今回の展示会でも見てきましたが、若干の値上がりが...。還元のある今なら、さらにお買い得かもしれません。

177.JPG

 この寒さなら、ミドルゲージのタートルネックセーター(ZANONE)も出番です。ニットだけでは風を通して寒い、袖のあるものでは邪魔、そんな時に重宝するライトウェイトのダウン。手が離せなく、いや、脱げなくなってしまうはずです。

240.JPG

224.JPG

 季節によって、着方は様々。晩夏や初秋にはTシャツやシャツにさらりと。気温の低下に合わせてハイゲージのニットやカシミアニットに。それでも寒ければ、アウターやコートを羽織ることもできます。先にある春や初夏へとロングシーズンで楽しむことのできる便利なアイテム。この機会にワードローブに仲間入りさせてみてはいかがでしょう。

 参考までに、合わせたコートは、蔵庫/マガジーノで展開中のLuigi Bianchi Mantova(ルイジ ビアンキ マントヴァ)

fullsizeoutput_2446.jpeg

 マスヤマが10月20日のブログで素敵に紹介しておりました。 そして、キャメルのチェスターコート型は、PALTÒ/パルトのもの

IMG_8763856355.jpeg

 10月12日のブログで、こんな感じでご案内しております。今日は時間があります。もう少しお付き合いください。

204.JPG

 なぜか、ブラックのみが瞬く間に完売してしまった「ZAVYER-S3」ストレッチナイロン軽量ダウンジャケット。色違いで揃えても...それほど完成度の高い逸品。ツヤのあるブラウンはいかがでしょうか。

107.JPG

009.JPG

222.JPG

 スグルセレクト【MooRER/ムーレー】は、こちらからご覧になれます。前のめりとなった今週の寒さ。ぜひ、この機会にご検討くだされば、嬉しく思います。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

"+1"の快適さを与えてくれるVネックニットベスト! JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーの「HADFIELD」!!

 今週から2020年秋冬の展示会がスタートし、スグルは東京の展示会へ出向いています。

 2020年秋冬のアイテムは、4年に一度、いや、一生に一度の東京オリンピックと時を同じくして入荷を迎えることもあり、その熱狂と共に、皆さんの心を掴むような提案ができるよう、今回はみっちりと連泊で参戦し、半年に一度の大仕事に挑んでおります。

 本日のblogは、留守を預かっているタカイがご案内する【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】のVネックベスト「HADFIELD/ハドフィールド」。久しぶりの提案となったVネックベストは、Settefili Cashmereのラウンドネックニットベストと併せ、近年の生活環境に合った"+1"の快適さを与えてくれるアイテムとして、改めて注目されています。

IMG_9905.jpg

fullsizeoutput_3105.jpeg

 カラーは2色展開。LATORREのチェック柄ジャケットに合わせたやや青みのあるグリーン(ORION GREEN)と、同じくLATORREのヘリンボーン柄ネイビージャケットに合わせたブラック(BLACK)です。

 暖房の効いている室内での過ごしやすさ、重ね着によるストレスの軽減など、様々な生活シーンを思い浮かべて、あったら良いよね、と思って頂けるアイテムではないでしょうか。

 Vゾーンの開きはシャツの第2~3釦の間くらいで、ネクタイを締めた時のバランスもきれいに収まります。

  IMG_9913.jpg

  fullsizeoutput_3106.jpeg

  IMG_9941.jpg

 モデルは、英国本国の型紙を採用した「STANDARD FIT」。

 最も大きく違うのは着丈の長さで、寒い冬、冷えないよう腰やお腹周りをしっかりとカバーし、動きの中で捲くれ上がってしまう心配はありません。

  fullsizeoutput_3117.jpeg

  fullsizeoutput_3118.jpeg

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズMを着用しています。

MODEL:「HADFIELD」Vネックニットベスト -STANDARD FIT-
SIZE:S(38)・M(40)・L(43)
COLOR:グリーン(ORION GREEN)・ブラック(BLACK)
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥27,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る