洗練されたオヤジを目指すなら、ワントーン&グラデーションコーデです!?

172.JPG

 本日の出で立ちです。テーマは、ワントーンコーデ。シンプルで洗練されたオヤジを目指します。

090.JPG

 ネイビーのグラデーションコーデは、大好物です。こなれ感を演出しながら、エレガントな雰囲気を醸し出せます。昔から好きな合わせ方ですが、今季、特に注目されているだけに、今一度ご提案してみたいと思います。穿いていると必ず声を掛けて頂けるのが、明るめのインディゴカラーのシャンブレー&デニム風パンツ。どこのかと言えば、PT01(ピーティーゼロウーノ)の今季物。上の写真で着ているポロシャツは以前扱っていたクルチアーニ。肩に巻いたのは、息子からのお下がりのJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)、靴はCROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)です。お勧めしたいのが、下の写真で着ているStile Latino(スティール ラティーノ)のニットポロ。他にはない、編地に変化のある着心地の良いニットです。サイズはやや大きめで、サイズ44を着ております。

20190603_111052.jpg 

 こちらは、月曜日の写真です。いつもよりのんびりと構えている2020年春夏のプレコレクション。ただ、不休です。休みがなければ、いかにサボるかです。この日も出勤して向ったのは、同じ敷地内にあるカフェ。マイカップが置いてあるほど、ここの珈琲が大好きです。この後、日帰りで予定していた明日の東京出張を前乗りに変更。4時台の新幹線で東京に向かいました。

 出で立ちは、購入したばかりのFinamore(フィナモレ)のシャツに10年以上前のボリオリのインディゴカラーのジャージジャケットとヤコブコーエンのホワイトデニムを合わせてみました。クラシコブランドは流行に関係なく愛用できるのが魅力です。

20190603_215339.jpg

20190603_220105.jpg

20190604_084158.jpg

20190603_220031.jpg

 今、最も注目しているのが、淡色でのコーディネート。ベージュとホワイトにシルバーを絡めた配色です。ホテルの内装や調度品にも使われており、優しい室内空間は安らぎをもたらしてくれます。

 カフェの写真で見るように、この日、淡色コーデのアクセントにした色は、ジャケットのインディゴでした。

136.JPG

 店頭から選んだ淡色コーデは、こちらです。Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)のシャツ型カーディガン。これからの季節に重宝するはずです。そしてパンツは上品な生地感と美しいラインを描く、穿き心地抜群のBorelio(ボレリオ)。シルバーの役割として、PHIL PETTER(フィルペター)のビスコースTシャツを選んでみました。アクセントカラーはダークブラウンスウェードのBAUDOIN&LANGE(ボードインアンドランジ)。足元に一番濃い色を取り入れて、安定感のあるバランスの取れたコーディネートが完成しました。どのブランドも店頭で多くのファンをもつ、今後、期待のできるブランドです。

157.JPG

 グラーデーションコーデの注意点は、素材感。リネン・コットンの質感のあるニットには、クールな表情をもつビスコースのカットソー。クリーンな綾織りのパンツを合わせれば、全てが無地の組み合わせであっても、単調になることはありません。

 なんて、仕事をしないつもりで向かった前乗り。結局、ブログネタを探しておりました。でも皆さんが見てくれている限り、様々なシーンでの思い付きをブログに反映させていただくつもりです。顔出しのスグル。心境の変化かもしれません。

ナグラサンの妄想と共にお送りするのは、イタリアンハンドのThe Bespoke Dudes EYEWEAR/ザ ビスポーク デュードゥス アイウェアです!!

 本日は、予定通り、ナグラさんによるサングラスのご案内です。その前に、少しだけ出しゃばります。

051.JPG

 グローリーガイ初登場となるサングラスのブランド名は【The Bespoke Dudes /ザ ビスポーク デュードゥス】。セレクトカラーは、写真上のシャンパンゴールド×タバコブラウン、ダークグリーン×ダークグレイ、そしてブラウンの3色でしたが、昨日の顔出し写真が功を奏したのか、ブラウンは完売。後の2色も残り一点ずつとなりましたので、ご了承ください。

035.JPG

 出たがり屋のスグル。本日の出で立ちに掛けてみました。ブランドも知らず、個人用として手に取ったサングラス。まさか、こんなにも優れものとは思いませんでしたが、どうやら今年は手に入れることはできなさそうです。

065.JPG

067.JPG

 イタリア・ヴェネト州にて熟練の職人が丁寧に手作業で生産している【The Bespoke Dudes /ザ ビスポーク デュードゥス】。その完成度の高さが評判を呼び、ミラノの10CORSO COMOやRINASCENTE、ロンドンのHARVEY NICOLSなど、世界に名だたる名店で取り扱われています。

058.JPG

059.JPG

061.JPG

 フレームは、MAZZCCHELLI/マツケリ社の植物性プラスティック アセテート素材。非常に軽いかけ心地に驚かされます。

071.JPG

069.JPG

 ケースのデザインもシンプルでモダン。主張しすぎず、上品です。

MODEL:「Bicolor classic tortoise」サングラス
SIZE
:フリー
COLOR
シャンパン×タバコブラウン・グリーン×ダークグレイ
MATERIAL
:アセテート
PRICE:¥28,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 さぁ、ナグラさんにバトンタッチです。彼の妄想を聞いてやってください。

 本日は、私ナグラが担当させていただきます。

020.JPG

033.JPG

 来週末は彼女とのデート。車の調子もよく、デートコースもばっちり。洋服は、この日の為に用意したTHE GIGI(ザ・ジジ)のジャケットBagutta(バグッタ)のシャツパンツはPT01(ピーティーゼロウーノ)で下半身も完璧です。でも何かが足りない...それはサングラス。数年前に購入したPersolにも飽きてきたし、アメリカ製の老舗ブランドでは物足りない。そうだ、グローリーガイに新作のサングラスがあったな。あれなら、皆に自慢できるし...

122.JPG

 後は彼女を迎えにいくだけ。待ち合わせの場所。思ったよりラフな服装の彼女。オペラ観て、高級レストランで食事をと思ったのだが、予定変更か。それとも、

180.JPG 

185.JPG

 コルソコモで、彼女の服を選んでから出かけよう!! この黒のドレス、似合うだろうなぁ。ちょうど誕生日も近いし...車は英国車でも心意気はミラネーゼ。今夜こそ決めてやる!!

5.jpg

5.jpg

【BAUDOIN&LANGE/ボードイン アンド ランジ】の「モア ヴァリエーションフェア」期間を延長してご提案しておりましたが、明日までとさせて頂きます。ありがとうございました。

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

 

 

顔出しでお送りする、購入決定のFinamore/フィナモレのシャツ&ナグラサン初のサングラス紹介の予告です!!

 昨日の美しい女性との写真。近すぎて、折角の素敵な背景が分かりずらいということで、少し引いた写真に変えさせて頂きました。巻き戻してご覧ください。

049.JPG

 顔出しついでです。勇気ある?本日の出で立ち写真。恥ずかしいので、サングラスを掛けさせていただいておりますが、このサングラス、今季最後にご紹介させていただくアイテムです。ただ、今日ではありません。そしてご案内役は、私ではなく、タカイでもありません。なんと、ブログ紹介、初となるナグラサンです。今日、明日のうちに掲載しますので楽しみにしていてください。

 着ているのはTAGLIATORE(タリアトーレ)のジャケット。3年ほど前のものです。ニットはFEDELI(フェデーリ)。今年はJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)でもご提案しております。パンツは、しばらく眠っていたJACOB COHEN(ヤコブ コーエン)のホワイトデニム。丈を短くして活躍しさせております。

081.JPG

 色違いもありますが、ここでもサングラスの話ではなく、私が着ているシャツに注目ください。オールシーズン着用可能なオックスフォード地のボタンダウン「LEONARD」。購入が決まったFinamore(フィナモレ)です。オフと悩みましたが、ベージュに決めました。5月3日のブログでもご紹介しております。

055.JPG

 色目が戻るといいながらも、カラーパンツは微動だにしません。ボトムに関しては、圧倒的にブラック人気。ブルーやグレイ、そしてベージュからブラウンまでの茶系も少し動きを見せていますが、素材違いでブラックを求める声のほうが多いのではないでしょうか。ただ、いつのまにかサイズ欠けしている色合いが、オイスターやアイボリーなどのオフホワイト系。来季の展示会を見ていると、さらに色が抜けたピュアなホワイトが多く提案されています。コーディネートもネイビーやブラックなどの濃色ではなく、明るいペールトーンとの組み合わせです。

104.JPG

 現在、Finamore(フィナモレ)のシャツで悩んでおります。来季の話です。展示会で生地のみセレクト。いつもならその場でモデルを決め、数入れまでしてしまうのですが、今回は慎重です。今季、なぜか大きいサイズに人気が集中している隠し釦イタリアンカラーの「USTICA」は別として、ボタンダウンの「LEONARD」や「SERGIO」の着丈をどうするかです。今季は、上の写真のように5.0cmカットの「VERONA」をセレクト。インでもアウトでも着ていただける欲張りボディ。ただ身長のあられる方やシャツの裾は必ずインと言われる方には不評かもしれません。

126.JPG

 付け加えさしていただくなら、サイズです。63~64kgの変わらなかった体重が、いつのまにか65.5kgに。サイズ38で選んでいましたが、緩め気分に加えて、今回、ワンサイズ上げて39で選ぶことにしました。38でも着れないことはないんですよ...なんて、ちょっぴり言い訳に聞こえそうです。

magazzino blog,Re CHECK,cachette,も更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

浮気者!? いや、季節風と同じです!! 今、最も気になるポルトガルの風「monção/モンサオ」のシャツ

20190531112250.jpg

 この写真を載せて書き出したら、SUGURU blogになってしまいました。移動させましたので、ぜひ立ち寄ってご覧ください。昨日の出で立ちです。パーティー用として選んだのは、Stile Latino(スティル ラティーノ)のコットンスーツ。残念ながら完売しており、似たものにTHE GIGI(ザ・ジジ)があります。もしくは、こちらも素敵です。シャツはMaria Santangelo(マリア サンタンジェロ)。頂き物のです。迷ったのは、ネイビーのスーツにタイドアップ。どの程度のパーティーか分からず、少しカジュアルに振りましたが、正解でした。

199.JPG

 今季の新作ご案内が、サングラスだけとなっておりますので、本日は展示会の内容を絡めて、今気になるブランドをご紹介です。本日、着ていたのは、

DSC_0963.JPG

 BRIGLIA(ブリリア)のパンツに、

080.JPG

 Rencontrant(レンコントラント)のニットと昨日と比べれば、ずいぶんとラフなスタイルです。以前は、いわゆるクラシコイタリアのアイテムを好んで着ていましたが、最近は使い分けです。AB型なので、その辺の使い分けは得意?なんです。いや、血液型は関係ないかもしれません。

022.JPG

013.JPG

 ニットを脱いで、着込んだのは、さっきまで蔵庫/マガジーノで展開していたポルトガルの【monção/モンサオ】。さっきまでということは...。そうなんです。マスヤマやジュニアに睨めながら、現在、グローリーガイに持ってきてしまいました。セレクトは二人なのに...ごめんなさいです。

DSC_0996.JPG

 ポルトガル語で"季節風"を意味する【monção/モンサオ】。バイニング方針を、イタリアやイギリスに限定せずに、世界から優れたものをセレクトしていこうと変えた今季。来季はさらに加速させていきます。時代の風向きは、どうやら以前とは少し変わっていくようです。

131.JPG

141.JPG

 そういえば、4月27日のブログで、こんなコーディネートもしておりました。いろんな国のものが気になりだした昨今。浮気者と呼んでください。チェック柄ストライプ柄の二股をかけております。

015.JPG

 次の【monção/モンサオ】のコレクションで一目惚れしたのは、シルクのシャツ。5000年の歴史を持つと言われるシルク。中国からシルクロードを経由してヨーロッパへ。貴族社会の中で一気に花が咲いたシルク。そんな話を聞くだけでも、憧れと共にその情景が思い浮かぶほどです。遂に来年はシルクのシャツが体感できるなんて、一人興奮しているのは、私だけ...でしょうか。

 店頭入荷が楽しみですが、まだまだ来年の話。今季の【monção/モンサオ】も魅力的です。マガジーノではなく、グローリーガイで展開中です。

magazzino blog,Re CHECK,cachette,も更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

独特なデザインと素材感で楽しませてくれるCAMERUCCI ARCHIVIO/カメルッチ アルキヴィオのストール!!

 本日、タカイがご案内するのは、独特なデザインと素材感で楽しませてくれる【CAMERUCCI ARCHIVIO/カメルッチ アルキヴィオ】のストール。

 あえてインドにファクトリーを構え、自社で所有するクラシックなアーカイブ生地も、西アジアのエキゾチックな雰囲気を漂わせるものばかり。そこにモダンなエッセンスを融合させることで、他にはない独創的なデザインを生み出しています。

 どこのブランドでも見ないような素材やデザインばかりで、首にひと巻きすれば、あっという間に雰囲気を変えることができたり、シンプルな装いでも、コーディネートに華を持たせることができるのです。

 最近では、冬の寒さよりも夏の暑さの方が体に堪えるほどで、先日も暑かったですよね。日焼け対策やその逆の冷房対策など、ストールは、むしろ夏に向けて揃えて頂きたいアイテムでもあります。

  fullsizeoutput_1ebd.jpeg

 レッドをベースにして、ネイビーとホワイトが入ったコットン100%のストール。ドライタッチな肌触りと掠れた表情は、リネンと間違うほどの風合いで、これも、西アジアのエキゾチックな風土が織りなすのでしょうか。

  fullsizeoutput_1ebe.jpeg

 無造作に巻いてしまえば、レッドをベースにした生地に、ネイビーとホワイトを挿し色にしたトリコロールカラーがキレイなストールですが、広げてみると、、、

   fullsizeoutput_1eb9.jpeg

 こんな感じです。

 これは、アメリカのストリートアーティスト、シェファード・フェアリーの作品をプリントしたもの。最近では、イギリスのストリートアーティスト、バンクシーが広く知られる存在ですが、彼もストリートアートから活動を始め、近年では、ローリングストーンズの周年記念ポスターを製作したり、「HOPE」という言葉が印象的なオバマ前大統領の選挙ポスターを作成したことで、彼の名は世界に知れ渡ることになっていきました。

 ただ、彼の作品は、本来、レッドにブラックでコントラストをつけたメッセージ性の強いものですが、 GLORY GUYでは、レッドにネイビーとホワイトのトリコロールカラーでオーダーしています。

   fullsizeoutput_1ebb.jpeg

 上の絵がストールの半分で、もう半分にはこちらのメッセージが描かれています。

 「LA BEAUTÉ EST DANS LES YEUX DE CELUI QUI REGARDE」 -美しさというものはそれを眺める人の目の中に存在するのだ-

 これは、19世紀末の作家・小説家・詩人で、世紀末文学の代表的な作家の旗手とも言われる、オスカー・ワイルドの言葉です。

MODEL:アートデザインプリントストール
SIZE
100×190cm 
COLOR
:レッド×ネイビー×ホワイト
MATERIAL
:コットン100%
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  fullsizeoutput_1eca.jpeg

 こちらは、オレンジ・ブルー・ブラウンが配色されたストール。

  fullsizeoutput_1ec4.jpeg

 コットン×シルクのしっとりとした質感で、ボリュームを抑えた柔らかな巻き心地です。

  fullsizeoutput_1ec9.jpeg

 広げると、水彩画のようなタッチで描かれた女性が現れます。

 たぶん、何か有名な作品なのだろうなとは思うのですが、いかんせん、美術方面は完全に知識不足でして...。そんな時は文化人のナグラ頼みなのですが、この日に限って休みなんですよね。

  fullsizeoutput_1ec1.jpeg

 巻いた時の色合わせによって、違った雰囲気を楽しむことができますし、オレンジや明るめのブルーなど、なかなか使うことがない色を挿し色で使うことができるので、コーディネートが楽しくなりそうです。

 この絵が、誰のどんな作品なのかわかりませんでしたが、使いやすくて面白いカラーリングのストールだということは、間違いありません。

MODEL:水彩画風ストール
SIZE:100×100cm 
COLOR:オレンジ×ブルー×ブラウン
MATERIAL:コットン60%・シルク40%
PRICE:¥18,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  fullsizeoutput_1ec7.jpeg

 最後は、リネン100%のフラワー柄です。

 先の2つと比べると落ち着いた印象ですが、【CAMERUCCI ARCHIVIO/カメルッチ アルキヴィオ】らしさのあるドライタッチな風合いに、アジアンテイストの柔らかなカラーリングが好印象です。

  fullsizeoutput_1ec8.jpeg

 ピンクベージュをベースに、ブルーとネイビーの花柄だけでなく、葉を描いたワイン系カラーが良いアクセントになっています。

  DSC04071 2.jpg

MODEL:フラワー柄ストール
SIZE:70×200cm 
COLOR:ベージュ×ブルー×ワイン
MATERIAL:リネン100%
PRICE:¥14,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

magazzino blog,Re CHECK,cachette,も更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る