フードコーディネーターの作品に合わせて、ピックアップしてみました!!

 梅雨だというのに、爽やかな、いや車の中は暑い晴天です。夕方の6時を回り、漸く涼しい風に癒されております。

20190611_134316.jpg

 少し前のブログに載させていただいた写真です、手前があんかけスパ、奥はカレーです。本当は、昔ながらの鉄板のナポリタンかケチャップオムライスが食べたかった。そんな昔ながらの喫茶店にするって言ってたのに...は、以前、ワークスタジオ前の屋台カフェで美味しい珈琲を入れてくれていた輔君。一時、ワークスタジオ内で仕事をしていましたが、遂に独立。現在、竜泉寺にあるカルジーナの森で、念願のカフェをオープンさせました。以前、桃パフェで大ブレイクしたミールカフェさんの跡にです。屋号は、モリネココーヒー。メニューを手掛けたのは、コーディネータの村田さん。元気で魅力的な女性です。先日、ようやくお会いしてきましたが、彼女の顔を見ると、メニューの文句は言えません。それにSNS映えは、今や流行る店の条件。最近では、さらにストーリー性を持たせた"ストーリージェニック"なんて言葉もでき、時代に置いていかれそうな、そんな予感、いや実感している毎日でした。

026.JPG

 写真は、BAGUTTA(バグッタ)の2020年春夏のプレコレクション。なんとなく、上の写真の色合いと似ていたので、載せてみました。

037.JPG

048.JPG

143.JPG

085.JPG

066.JPG

074.JPG

 料理や調味料の色を使って、漠然とですが、夏の商品をピックアップしてみました。上から、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の「S4302」 24G ショートスリーブ クルーネックニット「S3798」 30G ショートスリーブ ポロニット「BELDEN」 30G ショートスリーブ ラウンドネックニット。グリーンはサイズLを、他の2点はサイズMを着ております。そして、その下がサイズMで着ているMario Muscariello(マリオ ムスカリエッロ)のスタンドカラー胸ポケット付きリネンシャツ。下2段はBAGUTTA(バグッタ)の「MAUI」 リネン無地オープンシャツで、ダークレッドはサイズ39を、ダークグレイはサイズ38を着ております。

027.JPG

 最後に登場しました。タバスコのキャップが、私です。参考までに、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の「S3798」 30G ニットポロ。Lサイズ1点が在庫としてあります。仲間募集中です!!

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を

振り返ってみたいのは、遊べるスーツです!!

fullsizeoutput_1f2b.jpeg

 決起集会です。昨夜、閉店後にCachette/カシェートのスタジオに集まった面々。男らしい?集まりです。いつもなら食事をしながらのミーティング。ただ、アルコールが進むうちにくどくなる私の昔話とナグラさんの訳の分からないイタリア人化で、ただの宴会になってしまうことが多く、今回は、お茶のみです。目的は、来年の30周年について、さらに今後のビジョンについて話し合う為です。床座りの痺れを我慢しながらも、集中した良いミーティングになったと思っております。

046.JPG

 本日の出で立ちは、風による頭髪を気にしながらのコットンスーツ。グローリーガイではTAGLIATORE(タリアトーレ)、マガジーノではeleventy(イレヴンティ)Giannetto(ジャンネット)などのシアサッカー地の軽いセットアップに人気が集中しておりますが、こんなクラシックなコットンスーツも捨てがたいものです。

046.JPG

055.JPG

 最もスタンダードなベージュのコットンスーツを求めるなら、こちら。THE GIGI(ザ ジジ)が提案するピュアコットンのギャバジンスーツ。やや硬めの生地ですが、着込むほどに体に馴染んでくる、味わいのあるスーツです。

018.JPG

031.JPG

 同じベージュでも素材が変われば、また異なる趣に。ウール・リネンのエレガントな生地感にピークドラペル、チェンジポケットのブリティッシュディテールが加わり、クラシックな佇まいです。こちらもTHE GIGI(ザ ジジ)のものです。

285.JPG

125.JPG 

 コットンに戻りましょう。THE GIGI(ザ ジジ)が続きます。「コットンソラーロ アズーロスーツ」と名付けたように、経糸がネイビー、緯糸がブルーで織られた、シャドーのストライプ柄。通好みのジジファンに支持されているスーツです。後、サイズは46のみ。知人が購入していなかったら...なんて欲張っております。

094.JPG

160.JPG

 TAGLIATORE(タリアトーレ)からは、この2着。ライトグレイのスーツは、コットン・ウールのメランジ調。ネイビー無地は、シンプルでクリーンなコットンストレッチ。どちらもコーディネート次第で、様々な表情を見せてくれます。

047.JPG

 蔵番長ことマスヤマくん。本日、彼の出で立ちも、コットンスーツでした。PITTI会場のスナップ写真風にカメラに収めてみました。ちらりと見える赤のブレイシーズ(サスペンダー)がスケベ...いや、ステキです。

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

雨の日は、釈迦釈迦(シャカシャカ)が合言葉です!!

004.JPG

 今日の天気予報は、雨。気温も20度を少し超える程度で肌寒そう。そうなれば、出番は、もう一つのシャカシャカブルゾン。先日、ご提案させていただいたのは、Hevo(イーヴォ)でしたが、おかげさまで共感していただけるお客様の手元に渡っていきました。もう一つは、AQUARAMA(アクアラマ)のジャケット型超軽量ナイロンブルゾンで、元祖シャカシャカです。

105.JPG

 "貴方の役に立つことはあっても、決して邪魔にはならない..." そんなご説明をしておりましたが、今でもその関係は変わらず、必要な時まで、出しゃばることなく、コートクローゼットの中でじっと出番を待ってくれています。

056.JPG

118.JPG

 合わせたシャツは、Finamore(フィナモレ)のオックスフォード地B.Dシャツ。洗いざらしの風合いが堪らなく、ついつい増えてしまうのが、オックスフォード地。ホワイト、ブルー、ピンクなどの無地から柄物まで、数えれば10枚ほど。そして、遂に手に入れたのが、ベージュ。写真は、新品ですが、程よくシワの出るシャツは、真夏でも手放せません。そして、その中は mey story(マイストーリー)のTシャツ。肌への優しい触れ方と、つまり過ぎないラウンドネックが魅力です。

089.JPG

 番外編です。蔵庫/マガジーノから、掘り出し物を見つけてしまいました。出会いは、3年前のイタリア・フィレンツェのPITTI会場。私達を迎えてくれたのが、汗を流しながら口ずさんでるダック。そう、ダウンを使わないアウターブランド SAVE THE DACK(セイブザダック)との対面でした。

097.JPG

 まがまだ活躍しそうなM-65型のナイロン・コットンブルゾン。ロイヤルブルーのカラーが一際目立ちます。ハードさのない優しいか顔がチャームポイントです。優しさは、価格にも。ちょっと待ってよと言いたくなるような数字でした。

IMG_5383.JPG

 そして雨の日といえば、背中の水滴が滑り落ちるようにデザインされているアンブレラカットのBARACUTA(バラクータ)のG9

091.JPG

 ジュニアの本日の出で立ちです。雨の日だけではなく、晴天でも着ている大のお気に入りブルゾン。撮影を終えて、グローリーガイに戻ろうとした時、「これも撮って」とリクエストするほど。環境変化の対応力№1を誇り、年齢を問わずに着ていただける、いや年齢に応じて、味わいを楽しむことのできる永遠のトラディショナルアイテムといえるでしょう。

101.JPG

 いつのまに上がった雨。ただ、この後、また雨。そして、今また晴れ間が。ただ風が強く、この後、もし雨が降れば、シャカシャカブルゾンが釈迦釈迦のありがたい恩恵をもたらしてくれるはずです。雨に濡れて、体温が下がれば、免疫力も低下。風邪を引く原因になります。気温差の激しい時だけに、自己防衛してくださいね。

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

夏にお勧めのアイテムが揃っております!! 週末は、ぜひ岡崎にお越しくださいませ。

023.JPG

 本日の出で立ちです。BOGLIOLI(ボリオリ)の黒のジャケットにJOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)のニット、ボトムはと言えば、

171.JPG

 BERWICH(ベルウィッチ)のシアサッカー地。いつも気温が上がった途端、完売してしまう夏の人気アイテム。昨年は、ドローコード付きでセレクトしたものの、ウエストゴムの伸縮率を間違えていて、泣く泣く返品。ファクトリー側のミスで店頭に出ず仕舞いのシアサッカー地。今季は、元のモデルに戻して「SAKE」でのご提案です。

20170727170427.jpg

 振り返れば、2年前の夏、友人夫婦と出かけた八ヶ岳の旅。今日のスタイルは、その時と同じでした。当時のものですので、色合いは若干異なります。

077.JPG

106.JPG

 ご紹介は、5月5日のブログ。Massimo d'Augusto(マッシモ ダウグスト)のカプリシャツと一緒に掲載されました。上は、その際に撮った写真です。詳しくは巻き戻してご覧ください。

138.JPG

 昨日、穿いていたのが、THE GIGI(ザ ジジ)のシアサッカー地のパンツ。そう、本日のテーマは、「シアサッカー」。漸く発表ですが、他にご案内したことがありますので、このテーマは明日に引き継ぎましょう。イベントのご案内の前に、

033.JPG

059.JPG

 例年に比べ、肌寒さを感じる今年の梅雨。店頭でお客様にご提案していたら、自分が欲しくなってしまったのが、このHERNO(ヘルノ)のパーカーブルゾン。このブルーが魅力的です。秋にも使えるし、今日の出で立ちにもピッタリ。悩ましい気候です。

fullsizeoutput_175e.jpeg

 グローリーガイ3番目のショップ「蔵庫/マガジーノ」。蔵には魅力ある様々なモノが収められています。蔵を開けるタイミングによって、取り出すモノは異なります。今回、取り出してきたものは、

fullsizeoutput_1760.jpeg

 1925年、イタリア・トリノのスペルガ聖堂の名を刻印したブランド名で登場した【SUPERGA /スペルガ】。私と、このブランドとの出会いは、今から30年以上前。20代の頃です。ただ当時、頑なに革靴しか履かなかった、初心な?私は、憧れを抱きながらも、足を入れることはありませんでした。昨年、展示会で、見かけた時、つい学生時代の淡い恋を思い出してしまうほど。彼女は皆が憧れる高嶺の花。いつも遠くから...なんて話はどうでもいいですよね。

fullsizeoutput_175b.jpeg

 明日より、蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。ぜひ、覗いて見てやってください。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

モノトーンコーデで、時には静かなオトコと呼ばれたい!!

20190612_183239.jpg

 ユニクロさんの宣伝ではありません。偶然、そこに私達と正反対な考えをもつ小売店があり、その偶然は25年近く続いています。写真では分かりづらいでしょうが、中央に微かに写るのは、虹。久しぶりに見る気象現象です。昨夕、空が急に暗くなった途端、聞こえてきたのは雷の音。風が運ぶ空気もひんやりです。そんな荒れた天気の中、カミさんから「虹が出てる」のメール。慌てて、外に出てみると、西の空に晴れ間。東の空には、まだまだ暗い雲の間から、虹が覗いていました。大人になっても、虹と聞いただけで、飛び出していくほど、まだまだ心はピュアなんでしょう...という事で、本日のご案内です。

119.JPG

 いや、あまりピュアとは言えない風貌です。本日の出で立ちは、ほぼモノトーン。シルバーグレイとブラックのチェック柄ジャケット(TAGLIATORE)、ブラックのポロニット(FEDELI)、ブラックのパンツ。サングラスで顔を隠せば、さらに怪しい人に。実は、少し前に購入したTHE GIGI(ザ ジジ)のシアサッカー地パンツは、今日が下ろし立。春夏で穿くのは初めての黒。どう合わせようかと迷っていたところです。考えた末、ブラックにはブラックです。これで黒の無地ジャケットだと、それこそ危ない人になるので、チェック柄で可愛く、そしてホワイトのスニーカーで爽やかにいくことにしました。ただ、これだけだとワンパターンといわれてしまうので、幾つかコーディネートを考えて見ました。

039.JPG

 ただ拘りたいのは、一本調子。モノトーンです。ここ数年のブラック人気を踏まえながら、気にしていたカラーが、ミディアムからダークにかけてのグレイ。ホワイトやベージュなどとも相性の良い色合いです。こちらはZANONE(ザノーネ)の12Gドライコットン半袖クルーネックニット。アイスコットン同様、さらりとした清涼感のある着心地を体感できます。

048.JPG

 JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)の30Gスキッパーポロニットでも選んでおります。カラー名はチャコールグレイになります。一枚で着た際、顔映りが悪いなと思えば、白のTシャツを合わせてみてください。若々しい装いに変わるはずです。

054.JPG

 色違いで、もう少しブラックに近いフランネルグレイもお勧めです。モダンな色合いとクラシックでスポーティーなスキッパーポロ。いい雰囲気を醸しだしております。 

082.JPG

 室内に戻ってのご提案です。フランネルグレイの24G釦レスカーディガンを羽織れば、セクシー(知的で上品)アンサンブルコーデの完成です。体に近づくほど繊細な生地を選ぶのは当然で、インに30ゲージ、アウトに24ゲージと理想の取り合わせとなります。

103.JPG

 分かりやすい組み合わせです。釦レスカーディガンの中を白のカットソーに置き換え、足元をブラックスニーカーに履き替えました。浅VのTシャツはZANONE(ザノーネ)、スニーカーはどちらもSUPERGA(スペルガ)です。

 本日は、色を使わない静かなオトコを演じてみました。

20190611_134316.jpg

 モノトーンの後は、色を使った組み合わせ。知人のフードコーディネータ M女史の作品です。詳しくは、またの機会にご紹介させて頂きます。

154.JPG

新しい香りを手に入れたいなら、蔵庫/マガジーノへ。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る