冬を楽しむアイテムは盛り沢山!! 本日は、CINQUANTA/チンクワンタとTAGLIATORE/タリアトーレのレザーに注目してみました!!

 ブログが、一日、空いてしまいました。一昨日は静かだったのに、昨日は、座ることもできないほどの忙しさ。まるで今週の天気のように極端でした。そして今日は...駐車場の混み具合がやや落ち着いてきて、朝から良い感じでご来店いただいております。気温が下がったことも、忙しさと大いに関係があるのでしょう。これからが冬本番。皆様のお役に立てるように、更に気持ちを入れていきますので、どうぞお付き合いください。

005.JPG

 ジャケットを脱ぎ、羽織ったのは、2年前から撮影の度に、やりたい、やりたい!!と煩いぐらいにジュニアに口説かれたフランスのダウンブラン【PYRENEX/ピレネックス】。昨年から展開です。モデルは、ミドル丈の「BELFORT/ベルフォール」(近日中にSUGURU SHOPに掲載されます) 同行した展示会で、引き寄せられたフレンチブルー。ついつい個人オーダーしてしまいました。

20190204_112009.jpg

 展示会場です。恵比寿や神宮前、南青山などにショールームを構えるエージェントさんが多い中、世田谷区にある奥沢という閑静な住宅地の中にあります。余談ですが、大学卒業後、就職先の寮があったのは、川崎市中原区の武蔵小杉。当時、下町風情のあった街も、今ではタワーマンションや商業施設が立ち並び、昔の面影は全く無いと聞きます。ただ、ここは、そんな喧騒とは縁のない、静かな、のんびりとした街です。もう一つ、加えさせていただくなら、以前、この展示会場に並んでいたブランドは、CANADA GOOSE(カナダ グース)。義理人情のない契約社会の波に翻弄された育ての親。でも、現在は、そのノウハウを生かして【PYRENEX/ピレネックス】を私達に提案してくれています。

 本日のご提案は、スグルセレクトのレザーです。

132.JPG 

 昨年の秋、EMMETI(エンメティ)を蔵庫/マガジーノに譲る事で復活を遂げたのは、【CINQUANTA/チンクアンタ】。合わせたのは、オックスフォード地の白シャツ(Finamore)海老茶のタートルネック(Drumohr)、パンツはウォッシュドブラックデニム(JACOB COHEN)です。

081.JPG

 1973年、ステファノ・フリニャーテがフィレンツェ郊外のエンポリで創業。1950年生まれの創立者に因んで、イタリア語の「50」を意味する【CINQUANTA/チンクアンタ】がブランド名に。PRやショーは一切行わず、価格以上のクオリティーの高さを追求。この姿勢は、現在でも続いています。

042.JPG

 秋冬のバイイングで、この明るいピンクサンドの「ドライビング」を選んだのは、大きな意味は無く、気分とでも言うのでしょうか。ダーク系の多いレザーの中、カラーサンプルの中で目にとまったのが、この色でした。レザーの持つ着用シーズンの長さを考えれば、春にはピッタリの色。また、秋冬にはふさわしくないかといえば、全くそんなことはありません。インナーやボトムを季節に応じて選べば、周りからの羨望の眼差しを感じながら、秋から春まで楽しむことができます。

051.JPG

 この春、レザーブランドとしてデビューした?【TAGLIATORE/タリアトーレ】。いや、レザーブランドではありません。しかし、クォリティの高さは、確かなもの。依頼を受け、作っているファクトリーを知れば、さらに納得です。加えて、魅力なのが価格。業界の中では、やや問題ありでしたが、良い物が少しでもお値打ちに提案できることは、悪いことではありません。

083.JPG

093.JPG

 セレクトカラーは、ブラウンとネイビー。表革はシープスキン、袖裏キュプラ、裏地は中綿入りのキルティング仕様になります。中綿入りのもたつきは無く、羊革のしなやかで丸みのある表情はそのままに、保温性も十分なレザーブルゾンです...は、ご紹介した際の褒め言葉です。

040.JPG

073.JPG

 季節が早ければ、シャツやハイゲージのニットで。今なら、ハイゲージからミドルゲージのニットに切替えて。参考までに、本日、合わせたニットは24ゲージのタートルネック(JOHN SMEDLEY)ネッカチーフ(Kinloch)、パンツはウールのグレンチェック(Borelio)を穿いています。

 これだけでは寒い!!と言われる方には、TAGLIATORE(タリアトーレ)の

IMG_6971.jpg

 ヘリンボーン柄バルカラーコートか、或いは

013.JPG

 チェック柄シングルベルテッドコートあたりを羽織ってください。もしバンカラに魅せたいなら、norlha(ノラ)JOHNSTONS(ジョンストンズ)の大判ストールを巻いてみてはいかがでしょう。冬を楽しむアイテムは盛り沢山。皆様、風邪を引かないように身体を温めてくださいね。

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

前のめりではなく、前向きに揃えていただきたい スグルセレクトのMooRER/ムーレーです!!

 少し前までクリスマスソングに違和感を感じていたのに、気温がぐっと下がった今週、耳に心地良く聞こえてくるから不思議です。月曜日から出かけた東京。この日は気温が22度もあり、コートを脱いでも汗ばむ日となりました。ただ、翌日は一転、10度ほどしか気温が上がらず、翌々日には冷たい雨の降る中、2020年秋冬のプレコレクションを見てきました。以前のような前のめりでのご購入が減り、季節に合わせてお買物をされる方が増えたことで、この時期の仕入れは、バイヤーにとっては難しい。それでも納期などの条件を考えれば、動かざる得ないプレの展示会です。それにエージェントさんとの情報交換や他のショップの方にも会える貴重な機会ですので、前のめりではなく前向きに出かけていきます。

20191126_194220.jpg

20191126_195437.jpg

20191126_200948.jpg

 7年近く定宿にしていた芝公園隣のパークタワーホテル。宿泊料の値上げで今年から銀座にあるホテルに替えました。銀座線、日比谷線、丸の内線が入り、アクセスもよく、雨に濡れずにホテルのフロントに辿り着けるのもメリットです。ただ都会のど真ん中、銀座。田舎モノとして困るのが夕食。以前なら、ホテル内にある馴染みの店に行けば、我が家のように温かく出迎えてくれましたが、銀座辺りでは、新参者。多くの人々で賑わう夜の街をさ迷い歩いても一人で入る勇気の店はなかなか見つかりません。かといってコンビにで弁当を買うのは避けたい...。表参道から銀座線に乗り、ホテルのある出口に向かう途中、横道にそれたおかげで吸い込まれるように入ったのが、「銀座ライオン」。1911年の創業というから明治です。ビール片手に乾杯している人たちの間を縫って案内された奥の二人掛け席。案外、一人で食事をされている方も多く、客層のよさに一安心です。煩いながらも、居心地の良い空間でした。

 久しぶりなので、前置きが長くなりました。本日のご案内は、いや、殆ど商品は紹介済みですので、本日のご提案とさせていただきますが、まずは本日の出で立ちです。寒さで、やや顔が強張っておりますが、これはレディース店Cachetteのモデル、マヤさんも一緒。気のせいかもしれませんが...

170.JPG

 朝、ジャケットを羽織って出たのですが、バッグの他に持ったのが、このダウンベスト。どこのかと言えば、昨日、展示会でも見てきた【MooRER/ムーレー】の「OLIVER」。4年目の冬を迎えようとしております。きめの細やかな素材感と膨らみすぎないボリュームが魅力の便利なアイテムです。さらに気温が下がった夕方の珈琲タイムには、この上にジャケットを羽織って出かけていきました。

189.JPG

217.JPG

 定番としている「OLIVER-OP」の他に、今回、セレクトしたのが、「BLAKE-S3」のライトダウンフーデットベスト。本来なら、春のコレクションにも登場するモデルですが、暖冬の傾向を見据えて、秋からのご提案です。もっと前の季節から使えるライトウェイトなダウンベストですが、今からが実力発揮でしょう。

115.JPG

 今、気になるのが、FEDELI(フェデーリ)の「ラグランスリーブ ラウンドネックセーター」。カシミア100%のホッコリニットです。スウエットシャツ感覚の着楽さも魅力。昔を知っている方なら、十分納得できる価格でしょう。今回の展示会でも見てきましたが、若干の値上がりが...。還元のある今なら、さらにお買い得かもしれません。

177.JPG

 この寒さなら、ミドルゲージのタートルネックセーター(ZANONE)も出番です。ニットだけでは風を通して寒い、袖のあるものでは邪魔、そんな時に重宝するライトウェイトのダウン。手が離せなく、いや、脱げなくなってしまうはずです。

240.JPG

224.JPG

 季節によって、着方は様々。晩夏や初秋にはTシャツやシャツにさらりと。気温の低下に合わせてハイゲージのニットやカシミアニットに。それでも寒ければ、アウターやコートを羽織ることもできます。先にある春や初夏へとロングシーズンで楽しむことのできる便利なアイテム。この機会にワードローブに仲間入りさせてみてはいかがでしょう。

 参考までに、合わせたコートは、蔵庫/マガジーノで展開中のLuigi Bianchi Mantova(ルイジ ビアンキ マントヴァ)

fullsizeoutput_2446.jpeg

 マスヤマが10月20日のブログで素敵に紹介しておりました。 そして、キャメルのチェスターコート型は、PALTÒ/パルトのもの

IMG_8763856355.jpeg

 10月12日のブログで、こんな感じでご案内しております。今日は時間があります。もう少しお付き合いください。

204.JPG

 なぜか、ブラックのみが瞬く間に完売してしまった「ZAVYER-S3」ストレッチナイロン軽量ダウンジャケット。色違いで揃えても...それほど完成度の高い逸品。ツヤのあるブラウンはいかがでしょうか。

107.JPG

009.JPG

222.JPG

 スグルセレクト【MooRER/ムーレー】は、こちらからご覧になれます。前のめりとなった今週の寒さ。ぜひ、この機会にご検討くだされば、嬉しく思います。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

"+1"の快適さを与えてくれるVネックニットベスト! JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーの「HADFIELD」!!

 今週から2020年秋冬の展示会がスタートし、スグルは東京の展示会へ出向いています。

 2020年秋冬のアイテムは、4年に一度、いや、一生に一度の東京オリンピックと時を同じくして入荷を迎えることもあり、その熱狂と共に、皆さんの心を掴むような提案ができるよう、今回はみっちりと連泊で参戦し、半年に一度の大仕事に挑んでおります。

 本日のblogは、留守を預かっているタカイがご案内する【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】のVネックベスト「HADFIELD/ハドフィールド」。久しぶりの提案となったVネックベストは、Settefili Cashmereのラウンドネックニットベストと併せ、近年の生活環境に合った"+1"の快適さを与えてくれるアイテムとして、改めて注目されています。

IMG_9905.jpg

fullsizeoutput_3105.jpeg

 カラーは2色展開。LATORREのチェック柄ジャケットに合わせたやや青みのあるグリーン(ORION GREEN)と、同じくLATORREのヘリンボーン柄ネイビージャケットに合わせたブラック(BLACK)です。

 暖房の効いている室内での過ごしやすさ、重ね着によるストレスの軽減など、様々な生活シーンを思い浮かべて、あったら良いよね、と思って頂けるアイテムではないでしょうか。

 Vゾーンの開きはシャツの第2~3釦の間くらいで、ネクタイを締めた時のバランスもきれいに収まります。

  IMG_9913.jpg

  fullsizeoutput_3106.jpeg

  IMG_9941.jpg

 モデルは、英国本国の型紙を採用した「STANDARD FIT」。

 最も大きく違うのは着丈の長さで、寒い冬、冷えないよう腰やお腹周りをしっかりとカバーし、動きの中で捲くれ上がってしまう心配はありません。

  fullsizeoutput_3117.jpeg

  fullsizeoutput_3118.jpeg

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズMを着用しています。

MODEL:「HADFIELD」Vネックニットベスト -STANDARD FIT-
SIZE:S(38)・M(40)・L(43)
COLOR:グリーン(ORION GREEN)・ブラック(BLACK)
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥27,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

首元にアクセントを持たせる大胆でポップなデザイン! Kinloch/キンロックのトライアングルネッカチーフ!!

  IMG_9867.jpg

 この画像を見ただけで、ピンときた方もいらっしゃるでしょう。鮮やかなでポップな柄をプリントしたシルク生地と言えば、そう、【Kinloch/キンロック】のネッカチーフです。

 昨日ご紹介したFumagalliのネッカチーフが、首元をさり気なく粋に見せるものであるのに対し、【Kinloch/キンロック】は、首元にアクセントを持たせる大胆でポップなデザインが特徴です。

 形は、正方形を対角線で二つに割った三角形型。正方形のネッカチーフが多い中、面積を半分にする事でボリュームが抑えられ、スッキリとした首元に収まります。

  fullsizeoutput_30f0.jpeg

IMG_9719.jpg

 まずご紹介するのは、番号が振られたマス目に様々な絵が描かれたもの。オレンジやブルー、ブラウンなどのコントラストの効いたマス目が、首元をカラフルに演出してくれます。

  IMG_9714.jpg

 

  fullsizeoutput_30e6.jpeg

IMG_9806.jpg

 キャッチーで、アクセントカラーとなるピンクをベースにしたデザイン。ピンクの部分を海に見立て、海岸線のカラフルな街並を描いたポップな柄です。

  IMG_9835.jpg

  

  DSC09829.jpg

IMG_9664.jpg

 大胆に、大きな"スペードの1"が描かれたホワイトベースのネッカチーフ。スペードマークは中央に位置しており、首に巻いた時はホワイトにチラッとブラックが覗く程度。シンプルでツヤっぽいデザインです。

 因みに、このスペードの"1"に違和感ありませんか?? 日本や多くの国のトランプで見る"1"は、"A(エース)"ですよね。でも、昔からあるフランスのトランプでは、"1は1"で、"A"ではないとのこと。また、10以降はvalet(=侍者)、dame(=女王)、roi(=王) で、「V・D・R」の文字で表されるようです。

  IMG_9678.jpg

  

  fullsizeoutput_3104.jpeg

IMG_9840.jpg

 こちらは、"ハートの7"。広げた時、7つのハートにドキッとしてしまいますが、首に巻いてみると、チラッと覗くレッドがちょうど良い塩梅なんです。

 シャツやクルーネックなど、色々なコーディネートがありますが、このようにタートルネックに合わせるのも新鮮です。

  IMG_9852.jpg

MODEL:トライアングルネッカチーフ
SIZE:63×63×94㎝
PATTERN:スクエアパターン(オレンジ×ブルー×ブラウン)・海岸の街並み(ピンク)・スペード(ホワイト×ブラック)・ハート(ブラック×レッド)
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥13,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

襟元に温もりと華やかさを!! Fumagalli/フマガリのネッカチーフ

 昼間は、接客の合間に駐車場の誘導、閉店後はTou Tube「SUGURU STORY by gloryguy」の収録があり、明日からは3日間、2020年秋冬のバイイングの為、東京へと、まさに体力勝負の時です。駐車場の混雑も今週末には落ち着くかと思いますが、もし私の姿を見つけたら、声をかけてくださいね。取って置き?の場所にご案内します。

 本日は、初登場となる【Fumagalli/フマガリ】。1880年イタリア・ミラノで、アッティーリオ・フマガッリ氏により創業。1953年には業界初となるシルクプリント生地を作りだし、 ネクタイの歴史に新たな1ページを加えた老舗ブランド。 120年以上の歴史を持ち、仕立て、職人技、高品質は『フマガリによるメイド・イン・イタリー』哲学の特徴です。

008.JPG

 ポケットチーフ、ネッカチーフ、ストールと3タイプをご用意しておりますが、まずはネッカチーフを。昨日ご案内のStile Latino/スティレ ラティーノに巻いていたものです。

037.JPG

090.JPG

 本日、改めてコーディネートでご覧頂きたかったのですが、予想以上にCachette/カシェートへご来店される方が多く、カメラマンのジュニアの手が空きません。使い回しとなりますが、お許しください。

005.JPG

002.JPG

 寒がりな私は、これからの季節、タートルネックの出番が多くなります。ただ、どうしてもワンパターンになってしまうのは否めません。時にはクルーネックやモックネックと襟元の変化をたのしたいもの。そこで活躍するのが、ネッカチーフなんです。さり気なく粋に見えるのも魅力の一つです。

 ここにアップの写真があれば、完璧なのに...。因みに書かれている文字の意味は、"情熱的" "芸術と文化"でしょうか。

MODEL:30'S ARCHIVES ネッカチーフ
SIZE:56×58㎝
COLOR:ネイビー×ダークオレンジ・ブラウン×ネイビー
MATERIAL:コットン70%・シルク30%
PRICE:¥12,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る