華やかさを挿すなら、PAOLO ALBIZZATI/パオロ アルビザッティのポケットチーフ。必要なのは、梅や桜、そして紅葉の枝がない時です!!

016.JPG

 降るべき時に降って欲しい雨。梅雨入りしたというのに、雨は降らずです。ということで、本日の出で立ちは、雨乞いの装い...いや、単にシアサッカーのストライプ柄ジャケットを雨に結び付けただけです。爽やかなホワイトのニット(JOHN SMEDLEY)シャンブレーブルーのパンツ(PT01)で瑞々しさを。♪降りそうで降らない黄昏時は...♪は、シアサッカー。確か南沙織さんの歌。いやいや、違います。♪暮れそうで暮れない黄昏どきは♪でした。「人恋しくて」のタイトルどおり、淋しさを感じるフレーズですが、私の出で立ちもどことなく淋しげ。ならば、挿してみよう!! が、本日のご提案です。1975年、イタリア・バレーゼで創業の【PAOLO ALBIZZATI/パオロ アルビザッティ】。4月10日のネッカチーフに次いで2回目の登場です。

031.JPG

114.JPG

118.JPG

 カジュアルな表情をもつ、コットン100%のシャンブレー。金茶の縁取りがアクセントです。

078.JPG

123.JPG

126.JPG

 さり気なく挿すなら、リネン・コットンのメランジ。ベージュとグレーのリバーシブルで優しげな表情です。

130.JPG

132.JPG

045.JPG

 インディゴブルーとレッドの配色で魅せる、ペイズリーとドット柄のリバーシブル。赤が入ることで華やかさが増しました。素材は、コットン・シルクです。

106.JPG

109.JPG

 同じくコットン・シルクのリバーシブル。色違いの茶系は、着替えて挿します。

076.JPG

 着替えたのは、蔵庫/マガジーノで展開中のL.B.M1911(エルビーエム)のコットンストレッチスーツ。生地感、色目ともに申し分なく、今、とても気になる存在です。コットンスーツのインにカットソーやニットを合わせるのは、ここ最近、よく見かけるスタイル。ただ、無地同士の組み合わせは、ともすれば単調になりがち。そこで、チーフの出番。さり気なく挿せば、全体に華やかな雰囲気になります。もっと華やかにと望むならば、

20190623161040.jpg

 両手に花どころか、梅と桜と紅葉の枝をもっていれば、満面の笑みと共に大いに華やぎます。ポケットチーフなんて挿さなくても、全く問題ありません!! えっ...???

20190622_201043.jpg

 昨夜、朝日町のTHE BLUE BOX GALLERYで開催された「美しい華の誘い」。花の絵とフランメンコによるコラボイベントです。詳しくは、後日、SUGURU blogで報告させていただきます。

MODEL:ポケットチーフ
SIZE:30×31㎝
COLOR(MATERIAL):シャンブレーブルー(コットン100%)・ベージュ×グレイ(リネン70%/コットン30%)・インディゴ×レッド(シルク50%/コットン50%)・オフベージュ×ブラウン(シルク50%/コットン50%)
PRICE:¥6,800(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

服を着ることは、楽しみながら、美しく装備することです!!

 日増しに高まる不快指数。気温だけではなく、湿度も上がってきて、あまり愉快な季節ではありません。カラッとした昼間なら、日陰に入れば、心地良い空気に出会えることができました。上がった気温も夕方になれば下がり、肌寒くさえ感じていたのは、ほんの少し前まで。ここ2.3日は冷房の設定温度も下がり、稼働時間も長くなっています。体のだるさや重さを感じるのは、この冷房のせいかもしれませんね。こんな時こそ、服好きの腕の見せ所でしょうか。

243.JPG

 一日のうち、一番長く居る場所が冷房の効いた室内であれば、半袖より長袖です。暑ければ、肩や腰にも巻くこともできます。体を冷やさないように中にカットソーを着るのを忘れてはいけません。ボトムもなるべく生地の薄くないものを選びます。湿度があっても、気温が30度以下であれば、このぐらいが丁度いいかもしれません。そして、午後からの降水確率の高さを考慮して、一枚羽織るものが必要です。今夜、閉店後にフラのレッスン。その後、食事会。汗をかいた上に、雨で体を濡らしたまま、冷房下に身を置くのは、危険です。

046.JPG

164.JPG

 この季節、出番の多いのが、釈迦釈迦ブルゾンこと超軽量ナイロンブルゾンAQUARAMA(アクアラマ)のもので、1週間ほど前にご紹介させていただきました。ご要望がありながらも、サイズ欠けでご迷惑をお掛けしております。現在、サイズ46のみ2着なっていますので、ご了承ください。他にも、人気の定番モデル「82289」もお勧めです。ただ春のナイロン系ブルゾンは、年々、上昇気流。こちらも残り、サイズ46が一点となってしまいました。

088.JPG

 長袖のニットといっても、やみくもに選んではおりません。こちらは、春夏に欠かせないZANONE(ザノーネ)のニット。12ゲージのドライタッチな肌触りをもつコットンセーターです。5.6年前、いや、サイズを見れば、48。世の中が"タイトが良し"という時代の前ですから、7.8年は経っているかもしれません。選んでいる襟元も、V。暫く、クルーネック一辺倒できましたので、意外にも新鮮です。来季は、Vネックも視野に入れてみましょう。

220.JPG

223.JPG

 今季、ご提案ができるのが、アイボリーホワイト、ベージュより濃い目のキャメル、色番はグレイでもオリーブがかったグレイの3色。クルーネックでのセレクトです。

149.JPG

107.JPG

114.JPG

 サイズは48で、ゆとりを持って着ています。不思議なものです。トレンドの移り変わりなのか、私の体重の変化なのか、大きさを感じません。

030.JPG

 曇り空のまま、何とかもっている天気。雨が降れば、シャカシャカブルゾン。降らなければ、これって用意していたのが、こちらのジャケット。現在、バイニングするか否かと検討中のブランド。また、ご紹介させていただきます。

161.JPG

 セレクトしたのは、グローリーガイ。展開していたのは、マガジーノ。本来は、対抗馬ZANONE(ザノーネ)の横に並べるはずだったDrumher(ドルモア)です。新ブランドの投入もあり、陳列スペースを失っていましたが、ここへきて、漸くお帰りなさいです。写真は、青のグラデーションが美しい編地ストライプ柄のニットです。こちらも、サイズ48で着ております。

DSC_1044.JPG

DSC_1048.JPG

 ZANONE(ザノーネ)と双璧をなしているのが、このICE COTTON/アイスコットンのポロシャツ。生地感は、見分けがつかないほど。ただ異なるのは、サイズ表記もですが、サイズ感。Drumohr(ドルモア)のXSは、ザノーネの45、Sは47、Mで49辺りに相当します。着丈もドルモアの方が長く、全体的にはハーフサイズほどの差があります。数字の一桁に奇数はありませんので、あくまでも参考程度にお考えください。身長175cm、体重65k以上、胸囲92cm、ウエスト80cm強の私で、サイズSがジャストになります。

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

ボーダー柄に羽織るRencontrant/レンコントラントのボタンレスカーディガン。もちろん、よこしま(邪)な考えはありません!!

029.JPG

 本日、残念ながら動物たちの出演はありません。変わりに、いや毎日のように顔出している私スグルの出で立ちから入らせていただきます。記憶するところ、ボーダー柄のカットソーを着るのは、人生で初めての試み。そんな話は、以前にも触れさせて頂きました(4月15日のSUGURU blog)。

 まだまだ一枚で着る勇気が無く、上に上着を羽織り、サングラスで照れ隠しをしておりますが、昼食時、会う人の殆どの方から、「珍しいね」の次に「似合うよ」の褒め言葉をいただけるものですから、幾分、いい気になっております。因みに、選んだボーダーTシャツは、mey story(マイストーリー)のもの。同じ思いで購入された方もあり、現在、ご用意できないのが、とても残念です。ボトムは、リクエストの多いBERWICH(ベルウイッチ)のシアサッカー地ストレッチパンツ。フォルムモデルは、夏に最適の「SAKE」で選んでいます。

053.JPG

040.JPG

 ということで、本日は、ボーダー柄に羽織るカーディガンのご提案です。もちろん、よこしま(邪)な考えを隠す為ではありません!! 取り出してきたのは、Rencontrant(レンコントラント)のレーヨン&ペーパー釦レスカーディガン。ディレクションは、ニットと旅を愛するフランス人女性。長年、メゾンブランドでの生産やアート業界に携わっているだけに、素材の組み合わせやユニセックス的なデザインの面白さなど、クラシコブランドでは表現でき得ない新しさが魅力です。ツインニットでの提案もされており、同素材、同色の半袖ニットもご用意してあります。

014.JPG

 2020年春夏プレコレクションでもオーダーしております。左が釦レスカーディガン。右に掛かっている、もう一つの人気モデル「レーヨン&ペーパー畦編みクルーネックニット」は、若干修正を加えながら、パステルトーンでセレクト。メイン展にも期待がかかります。

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

"猫撫で声"と"狸寝入り"は、時には必要です!!

20190619140806.jpg

 本日の話題は、我が家の近くに住む仲間たち?です。写真に写っているのは、アライグマのアーちゃん。と言っても初対面です。いや、会ったのは私ではなく、カミさん。昨日、一旦停止中に遭遇。道路の側溝から顔を出したところ、カメラに収めたのが、上の写真です。かつて、一頭当り5万円程度で販売されていたアライグマ。現在では、ペットとして保護や飼育管理することは法律で禁止されています。もちろん売買もです。写真のように見た目は愛らしいのですが、実は厄介者。もともとアライグマはアメリカ生まれ。天敵がいないせいか、繁殖力も旺盛。食いしん坊で何でも食べるので、生態系に悪影響を及ぼしているとされています。また狂犬病ウィルスを持っている動物でもあり、危険な動物なんです。やはりアメリカ。とんでもないものを輸入してくれたもんです。

20190619182925.jpg

 こちらは、英名"ラクーンドッグ(アライグマに似た犬)"。我が家のタヌキことタッキー。時々、我が家の玄関前に出没します。イヌ科の哺乳類なのに、鳴き声は猫。窓を開けていると、時々、猫なで声が聞こえてきます。夜行性で死んだふりまですることから、「タヌキ寝入り」という言葉が生まれるほど、コミカル。時々、玄関で寝たふりをしています。

020.JPG

 こちらは、人間のスグル。スー君と呼んでください。いや、呼ばなくても大丈夫です。本日の出で立ちは、購入後、たちどころに店頭から姿を消してしまったPHIL PETER(フィルペター)のニットと驚異の穿き心地を体感できるBorelio(ボレリオ)のナイロンストレッチパンツ。通常、サイズ46ですが、こちらは44でジャスト。少なくなりましたが、ネイビーが46(48の方)、カーキが42(44の方)がご用意できます。

141.JPG

053.JPG

 季節到来です。今、お勧めしたいPHIL PETTER(フィルペター)のニットは、こちらのパイル地スキッパーポロ。他のブランドにはない薄さと軽さが魅力です。シンプルだけど、どことなくモダン...そんなオーストリアの老舗ブランドです。

020.JPG

018.JPG

019.JPG

 2020年春夏プレコレクションでは、こんなモデルをセレクトしております。

022.JPG

013.JPG

 蔵庫/マガジーノで展開していたポルトガルの【monção/モンサオ】。独断と偏見でグローリーガイに移動させてきました。上のストライプ柄はマスヤマお気に入り。下のウィンドウペン柄はジュニアお気に入り、私は両方ともお気に入り。上のストライプ柄は、現在、マスヤマと私、どちらが購入するか協議中です。ウィンドウペンは、サイズSのみで、ジュニアは脱落。後は皆さんの判断を待つのみ?です。

015.JPG

 来春は、シルク素材に期待です。

 そろそろ皆さん、イタリアから戻られる頃。私はといえば、タヌキ寝入りで、体力温存です。来月早々から始まるメインコレクション。体調、気力ともに万全な状態で臨みたいと思っております。

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

フードコーディネーターの作品に合わせて、ピックアップしてみました!!

 梅雨だというのに、爽やかな、いや車の中は暑い晴天です。夕方の6時を回り、漸く涼しい風に癒されております。

20190611_134316.jpg

 少し前のブログに載させていただいた写真です、手前があんかけスパ、奥はカレーです。本当は、昔ながらの鉄板のナポリタンかケチャップオムライスが食べたかった。そんな昔ながらの喫茶店にするって言ってたのに...は、以前、ワークスタジオ前の屋台カフェで美味しい珈琲を入れてくれていた輔君。一時、ワークスタジオ内で仕事をしていましたが、遂に独立。現在、竜泉寺にあるカルジーナの森で、念願のカフェをオープンさせました。以前、桃パフェで大ブレイクしたミールカフェさんの跡にです。屋号は、モリネココーヒー。メニューを手掛けたのは、コーディネータの村田さん。元気で魅力的な女性です。先日、ようやくお会いしてきましたが、彼女の顔を見ると、メニューの文句は言えません。それにSNS映えは、今や流行る店の条件。最近では、さらにストーリー性を持たせた"ストーリージェニック"なんて言葉もでき、時代に置いていかれそうな、そんな予感、いや実感している毎日でした。

026.JPG

 写真は、BAGUTTA(バグッタ)の2020年春夏のプレコレクション。なんとなく、上の写真の色合いと似ていたので、載せてみました。

037.JPG

048.JPG

143.JPG

085.JPG

066.JPG

074.JPG

 料理や調味料の色を使って、漠然とですが、夏の商品をピックアップしてみました。上から、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の「S4302」 24G ショートスリーブ クルーネックニット「S3798」 30G ショートスリーブ ポロニット「BELDEN」 30G ショートスリーブ ラウンドネックニット。グリーンはサイズLを、他の2点はサイズMを着ております。そして、その下がサイズMで着ているMario Muscariello(マリオ ムスカリエッロ)のスタンドカラー胸ポケット付きリネンシャツ。下2段はBAGUTTA(バグッタ)の「MAUI」 リネン無地オープンシャツで、ダークレッドはサイズ39を、ダークグレイはサイズ38を着ております。

027.JPG

 最後に登場しました。タバスコのキャップが、私です。参考までに、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の「S3798」 30G ニットポロ。Lサイズ1点が在庫としてあります。仲間募集中です!!

fullsizeoutput_1760.jpeg

 蔵庫/マガジーノにて、モアヴァリエーションのフェアを開催中です。詳しくは、マガジーノ ブログにてご案内しております。

154.JPG

 こちらもお勧めです。現在、大好評のフレグランスブランド【YOUFIRST/ユーファースト】フェア中です!!

magazzino blog,cachette,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る